日本では空前のパンケーキブーム。だが、パンケーキの次はコレが来るんじゃないか、と食のエキスパートたちの間で噂されているものがある。それは...アメリカ・ポートランドからはるばるやって来た、チェルシーカフェの「ビスケットサンド」だ!

ビスケットサンドって何?
ビスケットサンドって何?

すでに一部の人たちは目を付けているらしいということで、これは見逃すわけにはいかない!と、筆者もチェルシーカフェ渋谷店に行ってみることにした。いざ、オシャレビジネスマンの聖地・渋谷マークシティへ...!

光る「C」のネオンが目印
光る「C」のネオンが目印

チェルシーカフェは、マークシティの4階ショッピング&レストランアベニューにある。お店の前に置かれた看板では、さっそく「ビスケットサンド」が推し出されているぞ。

ブランチでも紹介されてる!
ブランチでも紹介されてる!

ここでは、オープン時間の10時からランチメニューが提供されている。筆者は初来店なので、お店一番の主力メニュー「チェルシーカフェ・ザ・ビスケットサンド」(980円)を注文。セットドリンクにはカフェラテを選択した。

ランチメニュー。ハンバーガーやパスタもあるよ!
ランチメニュー。ハンバーガーやパスタもあるよ!

注文してから10分ほどで、ビスケットサンドの朝食プレートが運ばれて来た。わおー!これは...新しいぞ!!

これがビスケットサンドだ!!
これがビスケットサンドだ!!

直径約10センチ、厚さ1~2センチほどの2枚のビスケットに、肉厚なチキンナゲットとベーコン、とろけるチーズがサンドされている。そこに、たっぷりの海老クリームソースが合わせられ、サラダが添えられている。

中はこんな感じになっております
中はこんな感じになっております

オシャレすぎてどこから手を付けたらいいかわからず困惑する筆者に、店員さん「(ナイフとフォークで)ビスケットを崩して、ソースと絡めてお召し上がりください」とのこと。ははーっ!

仰せのままにっ!
仰せのままにっ!

ビスケットは想像していたよりもザクザクとした食感で、しっかりと食べごたえがある。香ばしさに加え小麦の風味も豊かで、スコーンのような美味しさだ。そこに濃厚なクリームソースを絡めて食べると、口の中で絶妙なハーモニーが奏でられる。

サンドされたチキンナゲットは、プリッと弾力があるのに中はふっくら柔らかくジューシー。これをビスケットやチーズといっしょに食べるとまたたまらない。

弾力がありつつ、ふわふわのナゲット
弾力がありつつ、ふわふわのナゲット

ちなみに、ビスケットサンドには14時から提供されるスイーツメニューもある。いちごジャムやホイップクリームをビスケットで挟んだ「フレッシュブルーベリー&ストロベリージャム ビスケットサンド」など、甘い系のビスケットサンドもぜひ試してみたい。

1日3食ビスケットサンドでも構わない  (出典:チェルシーカフェ 公式サイト)
1日3食ビスケットサンドでも構わない
(出典:チェルシーカフェ 公式サイト)

美味しいビスケットサンドはもちろんだが、チェルシーカフェの魅力はそれだけにあらず。広々とした店内スペースに、あたたかみのあるウッディーなテーブルや、赤い皮の椅子。ゆったりとくつろげる空間は、何度でもお店に足を運びたくさせる。

広々としたカフェ空間
広々としたカフェ空間

壁際の本棚には、コアな書籍も多数
壁際の本棚には、コアな書籍も多数

広い窓から人の流れをぼんやりと見つめながら、自分だけが今、壁を一枚隔てた特別な場所にいるような感覚になる。静かに流れる BGM の中、キッチンからときどき聞こえるコーヒーマシンの音すら心地よい。

チェルシーカフェのビスケットサンド、いつ人気が爆発してもおかしくないので、混み過ぎないうちにぜひ一度訪れてみてほしい。なお、ビスケットサンドだけでなく、ゆったりとした “カフェタイム” を楽しみたい人には、比較的空いている平日午前中がオススメだ。

美味しいビスケットサンドとコーヒーはいかが?
美味しいビスケットサンドとコーヒーはいかが?