世界初の “キットカット専門店” として1月にオープンした、キットカット ショコラトリー。2月初旬には新フレーバー「スペシャル クリームチーズ」が発売され、いまだに連日行列が絶えません。

そんな中、えん食べ編集部のオシャレなお取引先が、ショコラトリーの新作キットカットを手土産に持ってごあいさつに来てくれました。わーい!...って、え!?これ、ただの「クリームチーズ」やない...「焼きクリームチーズ」や!!!

キットカットを焼いた...だと?
キットカットを焼いた...だと?

「焼きクリームチーズ」とは、まさに読んで字のごとく「クリームチーズ」のキットカットをオーブンで焼いたもの。3月14日までの期間限定フレーバーだそうで、キットカット ショコラトリーを監修するパティシエ、高木康政氏が提案する “新しいキットカットの食べ方” なのだとか。

新しい発想の “焼きキットカット”
新しい発想の “焼きキットカット”

そもそもキットカットって、チョコレートのお菓子だよね?それがクリームチーズ味になって、さらに焼かれちゃっただなんて...いったいどんなお味に仕上がっているのかしら?気になるので、取引先がいっしょに持って来てくれた「クリームチーズ」とともに、さっそく食べてみることに!

味、ちがうのかな~
味、ちがうのかな~

まずは「クリームチーズ」から。パッケージを開けると、中にはキットカットが4枚入っています。個包装の封を開けると、芳醇なチーズの香りがふわり...

おなじみのハイソなパッケージ
おなじみのハイソなパッケージ

1箱4袋入りだよ!
1箱4袋入りだよ!

美しい純白のキットカット
美しい純白のキットカット

ひとくち食べた瞬間、口の中に濃厚なクリームチーズの味わいが広がります。このコクと香り、チーズ好きにはたまらない...!ホワイトチョコは舌の上でスッと溶け、爽やかなチーズの酸味の後から、ほんのり甘さが追いかけてきます。

チーズとチョコの相性もバツグン!
チーズとチョコの相性もバツグン!

そしていよいよ「焼きクリームチーズ」。こちらも1パック4枚入りです。封を開けると香ばしいベイクドチーズの匂いがあふれ、食欲をそそります。

見た目はクッキーみたい
見た目はクッキーみたい
 
おおっ!表面こんがり!
おおっ!表面こんがり!

なんかモコモコしてるー!!キットカットが焼かれると、こうなるんですね!「クリームチーズ」と比べてみると、形や大きさはほぼ同じですが、やはり「焼きクリームチーズ」の方がこんがりと色づいています。表面におなじみ「KitKat」の文字もありません。

劇的ビフォーアフター
劇的ビフォーアフター

ひとくち食べてみると...おぉ!先ほどの「クリームチーズ」とは、食感も味もちがいます!表面はサクサクで、中はしっとりなめらか。「クリームチーズ」に、さらに “チーズパイ” のような香ばしさが加わった、新しい味わいです!

外はサクッと、中はしっとり
外はサクッと、中はしっとり

どっちもおいしい。本気(マジ)で。
どっちもおいしい。本気(マジ)で。
 
いっしょに食べていたえん食べスタッフからの評価も、「本格的なチーズの香りがいい!」「ケーキを食べてるみたい」「取引先がこんなお土産くれたら、思わず契約しちゃう」と上々。焼きキットカット、これから流行りそうな予感です。

「クリームチーズ」と「焼きクリームチーズ」は、キットカット ショコラトリーにてもっか販売中。買うのに多少並ぶことが予想されますが、ホワイトデーや取引先との商談など「ここぞ!」というときに持っていけば、並んだ以上の収穫が得られる...かも!?