森永製菓より、夏場も楽しめる「冷やし麹甘酒」が2月25日に発売される。想定価格は315円。

甘酒は冬だけのものじゃないんだぜ!
甘酒は冬だけのものじゃないんだぜ!

「冷やし麹甘酒」は、冷水を注いで溶かして飲む “フリーズドライ” タイプの甘酒。こだわりの米麹を使用して作られており、お米本来のおいしさや、すっきりとした甘さが楽しめるのだそう。また、酒粕不使用のため、アルコール分は0.00%とのこと。

現代でこそ冬のイメージが強い「甘酒」だが、江戸時代には夏バテ対策として飲まれていたのだとか。今年は “夏の甘酒” で、暑さを乗り切るのもいいかもしれない。

江戸時代の甘酒売り(イメージ)
江戸時代の甘酒売り(イメージ)