きょうのおやつは、コンビニで見つけた「コーンポタージュゼリー」。ほんのちょっとためらいましたが、フタに描かれたコーンのキャラクターに負けて買ってしまいました。つまるところ、気になったんです。

「つぶつぶ!」「つぶつぶ言うなー」
「つぶつぶ!」「つぶつぶ言うなー」

コンポタ味のスイーツといえば「ガリガリ君リッチポタージュ」を思い出します。しょっぱいかと思いきや甘かった、あの衝撃を。

でも、この「コンポタゼリー」は、さらに想像のナナメ上をいく味でした。ゼリーというよりは、「冷製スープ」や「コーンポタージュのゼリー寄せ」に近い味。“そのまんまコンポタ”、だったのです。

コーンの粒は、甘くておいしい
コーンの粒は、甘くておいしい

ゼリー部分にはコーンポタージュスープの繊維っぽさが残っていて、ちょっぴりザラザラした舌触り。たっぷり入っているコーンの粒はとても甘いのですが、ゼリー部分はそれほど甘くなく、やっぱりスイーツというよりはスープのよう。あっさりした後味です。洋風料理にオシャレに添えたら、プロの料理っぽくなるかもしれません。…ならないかな?

「スープっぽいなら温めてしまえ!」とも思ったのですが、フタにはしっかりと「温めないで!」の文字が…。かわいらしいキャラクターにダメと言われてしまうと、本当にダメな気がしてきます。罪悪感にかられたので、今回は大人しくやめておきます。

ごめんなさい!
ごめんなさい!

謎すぎる「コンポタゼリー」、ぜひその口で(!)試してみて下さい。美味しいけどスイーツではないかな…?でも食べ始めると、案外スプーンが止まりません。