愛媛県の農林水産物をアピールするイベント「『えひめカフェ』プロジェクト2014」が、1月31日に始まりました。3月2日まで、原宿・表参道エリアにある計10店舗で、愛媛県産食材を使ったオリジナルメニューが楽しめます。

“えひめの食”たっぷり「えひめカフェ」
“えひめの食”たっぷり「えひめカフェ」

愛媛といえば“柑橘王国”。今回のイベントにも、旬を迎えた「伊予柑」や「媛小春」などを使ったスイーツがたくさん登場します。でも、柑橘だけじゃない愛媛県。とっても美味しい肉や魚がたくさんあるんです。

「甘とろ豚」は、“36度の口溶け”がキャッチコピーの豚肉。一般的な豚肉よりも脂身の溶ける温度が低く、口の中でとろける食感が楽しめます。同県産の裸麦で育てることで、良質の脂身とジューシーな肉質を持つ豚肉になるそうです。

4種の鶏から“いいとこどり”した地鶏「媛っこ地鶏」は、歯ごたえとコク深い後味が特徴。徹底した品質管理と生産者のこだわりがつまっており、“日本一の品質”ともいわれているそう。

また愛媛県は海面養殖業もさかん。特産品のみかんで育てた「みかん鯛/ブリ」、聞いたことありませんか?今回のイベントで使われている「戸島一番ブリ」もその一種で、臭みが消えてほのかに柑橘が香るといいます。

これらの食材を贅沢に使ったメニューが楽しめる、今回のイベント。首都圏では流通量が少ない食材もあるので、またとないチャンスかもしれません。

肉も魚も柑橘もウマイ!
肉も魚も柑橘もウマイ!

人気カフェ「TOKYO APARTMENT CAFE」は、イベント期間限定で『愛媛の農園』に見立てたカフェに変身。外装・内装も“えひめカラー”になります。同店では、コラボ店舗の中でも最多となる6種のメニューがラインナップされています。

「媛っこ地鶏のから揚げ丼」(1,260円)は、ぷりっぷりの食感がたまらない一品。かみしめるほどに、肉の旨みが広がります。「戸島一番ブリのペペロンチーノ」(1,260円)は、ジェノベーゼソースとブリが相性抜群。残念ながら柑橘の香りは分かりませんでしたが、魚独特の臭みがなく、歯ごたえもしっかりと感じられます。食事メニュー以外では、いよかんマーマレードを添えたスイーツ「揚げパンハニー」(577円)や「ロシアンティー」(630円)なども登場。食事もお茶も楽しめます。

臭みのないブリが、ジェノベーゼソースとよく合う
臭みのないブリが、ジェノベーゼソースとよく合う


いよかんマーマレードが香る「ロシアンティー」
いよかんマーマレードが香る「ロシアンティー」

「表参道ワイン食堂 DEN」で提供されている「甘とろ豚バラ肉のカリカリソテー 白いんげん豆の煮込み添え」(1,380円)は、肉も脂身も甘みたっぷりで、脂のしつこさや臭みは感じませんでした。カリカリの肉ととろとろの脂身がたまりません。豚肉のイメージがガラッと変わりますよ!

カリカリ×とろとろが絶品
カリカリ×とろとろが絶品

人気スイーツ店「Dolce MariRisa」で販売されている「愛媛県産いよかんのスフレタルト」(1ピース600円)は、伊予柑の深みのある甘さにホッとする味わい。表参道駅ナカにある「TABLES」では、お土産にピッタリな「愛媛県産柑橘のピールチョコ」(1枚280円)が販売されています。愛媛の味をおすそ分け出来ますね。

いよかんの深い甘さ「いよかんのスフレタルト」
いよかんの深い甘さ「いよかんのスフレタルト」


お土産に「ピールチョコ」はいかが?
お土産に「ピールチョコ」はいかが?

愛媛の食材は、素材の美味しさを存分に感じられるものばかり。リーズナブルなメニューも多いので、この機会に試してみて!