恋する女子たちにとっては(もしかすると男子にとっても)勝負の日となる、2月14日のバレンタインデー。抑えきれないその気持ちを、今年はこんなチョコレートにのせて届けてみてはいかがだろうか?自分の顔の形をしたチョコレート、「顔チョコ」だ。

デスマスクっぽく見えるのはきっと気のせい
デスマスクっぽく見えるのはきっと気のせい

3D プリンターを使って、自分の「顔チョコ」を作ってくれるサービスが、英 Choc Edge により提供開始された。米メディア Foodbeast が伝えている。

うん、似て...る...?  (出典:Choc Edge 公式 Facebook)
うん、似て...る...?
(出典:Choc Edge 公式 Facebook)

同メディアによると、同サービスは世界初の3D “チョコレート” プリンタを使って、オリジナルの「顔チョコ」を作るというもの。チョコレートはミルク、ダーク、ホワイトの3種が用意されている。精巧な本物そっくりの「顔チョコ」を作るために、0.05mmという超薄のチョコレイヤーを何層にも重ねていくのだとか。

ちなみに価格は80~130ドル(日本円で約8,400~13,600円、割とリーズナブル?)で、海外への配送も行っているそうだ(送料が別途かかる)。

世界初!3D チョコプリンタ  (出典:Choc Edge ホームページ)
世界初!3D チョコプリンタ
(出典:Choc Edge ホームページ)

この「顔チョコ」を本命の彼にあげれば、いろんな意味でショッキングなギフトとなり、間違いなく印象に残るだろう。そこから甘い恋に発展する可能性もなくはない(チョコだけにね!)ので、勇気のある方はぜひ試してみてほしい。