タカラトミーアーツは、“納豆のコク製造マシン”「食の極み『魯山人納豆鉢』」を2月6日に発売する。価格は2,310円。

“納豆のコク製造マシン”「食の極み『魯山人納豆鉢』」
“納豆のコク製造マシン”「食の極み『魯山人納豆鉢』」

「魯山人納豆鉢」は、食通としても知られる芸術家「北大路魯山人」が提唱したとされる“納豆を究極に美味しく食す方法”を再現するために開発された商品。本体に納豆をセットしてハンドルを回すと、倍速で攪拌することができる。

「納豆はかき混ぜるほどに旨くなる」という魯山人の教えをもとに、最も美味しくなるかき混ぜ数を検証した結果、424回という回数を設定。ハンドルを回すとギアの回転数がカウントされ、醤油を入れるベストなタイミング(305回)や完成のタイミング(424回)で、本体の蓋が自動的に開く。できあがった納豆はコクが強く感じられる上、醤油がよく絡みまろやかな味になるそうだ。

ハンドルを回すとギアの回転数をカウント
ハンドルを回すとギアの回転数をカウント

同社の調査によると、424回混ぜた納豆は混ぜていない状態と比較して、コク成分が109%になるとのこと。また納豆業界最大手タカノフーズからも、その味に“お墨付き”を得たそうだ。

同社は今後タカノフーズの全面協力のもと、同商品を使用した独自の納豆レシピを紹介していくとしている。