映画『スターウォーズ』シリーズでおなじみのロボット「R2-D2」。可愛らしくて憎めないそのキャラクターで、老若男女にファンも多い。

そんな R2-D2 を、なんと “ホワイトチョコレート” で作っちゃった人がいるのだ。カナダのメディア So Delicious が伝えている。

どこからどう見ても本物の R2-D2  (出典:The Fairmont San Jose 公式 Facebook)
どこからどう見ても本物の R2-D2
(出典:The Fairmont San Jose 公式 Facebook)

同メディアによると、“食べられる R2-D2” を作ったのは Fernando Arreola 氏。同氏はカリフォルニアにあるホテル The Fairmont San Jose のペストリーシェフを務めており、同ホテルの向かいにあるミュージアム The Tech で行われているスターウォーズ展とコラボし、この作品をつくったのだそう。

The Tech で行われているスターウォーズ展  (出典:The Tech ホームページ)
The Tech で行われているスターウォーズ展
(出典:The Tech ホームページ)

“食べられる R2-D2” の重さはなんと150ポンド(約68キロ)!映画に登場する本物の R2-D2 の体重が何キロあるかは不明だが、もしかするとそれよりも重いかもしれない。

The Tech で展示されている R2-D2。サイズ感は同じ...?  (出典:The Tech ホームページ)
The Tech で展示されている R2-D2。サイズ感は同じ...?
(出典:The Tech ホームページ)

ちなみに、The Tech でのスターウォーズ展は2月まで開催されている。12月から同ホテルのロビーに飾られていた R2-D2 だが、現在もまだあるのか、それともすでに食べられてしまったのか、味はどうだったのか、何人で食べ切ったのかなど、気になるところだ。