スーパーマーケット・成城石井初のワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO(ル バーラ ヴァン サンカン ドゥ アザブ トーキョー)」が、12月17日、麻布十番(東京・港区)にオープンします。成城石井の調達力を活かし、世界中から集めたワインやフードが楽しめる新業態の店舗です。

成城石井を普段から使っている人にはもちろん、使ったことのない人にも気軽に商品を試してもらい“成城石井のファン”になってもらいたいと、店頭に並ぶ商品を中心にメニューを開発。選りすぐりのワインとともに、コストパフォーマンスの高いフードも楽しめるといいます。

成城石井の「ワインバー」がオープン
成城石井の「ワインバー」がオープン

店内に入ってすぐ右手、大きなワインセラーにずらっと並ぶボトルワインは、長年ワイン売り場を任されてきたスペシャリストが選んだもの。価格帯も2,800円~16,800円と、幅広くラインナップされています。グラスワイン(500円~)も、赤3種、白3種、スパークリング2種が週替わりで用意されているので、何度も通いたくなりそう。好みを伝えるとオススメを教えてくれるので、気軽に相談してみて下さい。

入ってすぐ右手に、ワインボトルがずらり
入ってすぐ右手に、ワインボトルがずらり

こだわりたっぷりのフードメニューは、店名にならって52品を用意。

例えば、スライス仕立てで提供される生ハムは、極限まで薄くスライスされており、ふわふわと口の中でとろける食感が楽しめます。盛り合わせも、計6種で1,680円(レギュラーサイズ/4~5名向け)と、とてもリーズナブル。日によって内容の変わるチーズの盛り合わせも、ワインのアテにはピッタリです。

スライスしたての生ハムは、ぜひ盛り合わせで
スライスしたての生ハムは、ぜひ盛り合わせで

口の中でとろける!
口の中でとろける!

肉の旨みを楽しめる「国産黒毛和牛のボルドー産赤ワイン煮込み」(980円)、「国産黒毛和牛のイチボ肉グリル 黒トリュフのマディラソース」(1,680円)など、成城石井のセントラルキッチンを率いてきたベテランシェフが腕をふるう料理の数々は、ワインの味を邪魔しない絶妙な味付け。素材の味わいも楽しみながら、ワインがどんどんすすみます。

霜降りの甘さ+赤身の旨み「国産黒毛和牛のイチボ肉グリル」
霜降りの甘さ+赤身の旨み「国産黒毛和牛のイチボ肉グリル」

 
ランチタイム(平日11時30分~14時)には、数量限定のイチオシメニュー「フォアグラハンバーグランチ」(1,280円)や、「52週パスタランチ」(980円)など、計4種が用意されています。どれもパン食べ放題がついていて、プラス200円でデザートセットにも。

土日祝日には、少し豪華な「ホリデーランチ」(1,280円)、「ル バーラ ヴァン ランチ」(1,680円)が、16時まで楽しめます。デザートに飲み物がついた「カフェセット」もあるので、カフェ利用も可能。様々なシーンで活躍しそうです。

とろとろの「クレームブリュレ」など、デザートも充実
とろとろの「クレームブリュレ」など、デザートも充実

そして、ワインや生ハム、チーズを中心に、メニューに使われている食材の多くは、1階のスーパー(24時間営業)で買えるというのも大きなポイント。気に入ったものがあれば、“2階でこちらの食材を使用しております”というポップを目印に探してみてください。

気に入った商品は1階で購入!
気に入った商品は1階で購入!

店舗所在地は、東京都港区麻布十番2-2-10 麻布十番スクエア2階。営業時間は、11時30分から23時まで(金・休前日は翌5時まで)。ディナータイム(17時~)は予約も可能です。すでに、クリスマスディナーの予約をしたいと問い合わせがあったのだとか!

輸入商品を多く扱う成城石井ならではのワインバー、夜遅くまで営業しているので、2軒目づかいにも良さそうです。

※記事中の価格表記はすべて税抜き