フランスのショコラティエは金粉でデコレートされたコオロギを乗せたチョコレートを制作したが、米国では逆(?)に「虫のチョコレートがけ」が販売されている。

おぉっと...これは...
おぉっと...これは...

「虫のチョコレートがけ」は、食用の虫がダークチョコレートでコーティングされたもの。米通販サイト Think Geek にて購入することができる。

チョコのローブをまとったセクシーな虫たちは全部で3種類。サソリ、蚕(かいこ)、そしてスーパーワーム(ジャイアントワームとも呼ばれるらしい)がチョコレートで包まれ、それぞれ缶詰めにされている。同サイトによると、これらの虫たちはタンパク質を豊富に含み、ざくざくとした食感でうまみも凝縮されているのだとか。

甘いのかな、しょっぱいのかな
甘いのかな、しょっぱいのかな

形はしっかり虫なのだが、全身チョコレートでカモフラージュされていてグロテスクなビジュアルを目にしなくてよいため、体にいいのならば、もしくは非常食としてならば食べることができる気がする。

1缶につき、サソリは2匹、蚕とスーパーワームは12匹ずつ入っている。3缶セットで販売されており、現在セール価格で19.99ドル。だが残念ながら、米国外への配送は行われていないそうだ。