サッポロビールより、「百人のキセキ ~魅惑の黄金エール~」が12月16日に同社ネットショップにて発売される。価格は5,250円。


「百人のキセキ ~魅惑の黄金エール~」は、同年3月に発売された第1弾に続き、ビール愛好家と共同開発されたコラボビールの第2弾。味やキャッチコピーなど、Facebook および特設 Web サイト上で7回にわたる投票を行い開発されたのだとか。

約10,000件の投票により、発酵タイプは「魅惑の黄金エール」、アルコール度数は「7%」、香りは「上品で華やかなホップ香」、苦味は「ハード」に決定。さらにキャッチコピーは「ソーシャルから生まれたキセキ、黄金の国のエール」となったそうだ。

なお、完成披露パーティーで一足先に同商品を味わった人たちからは「これまでの日本のビールにはなかった味」「苦味がマイルドで、ビールが苦手な女子にもすすめたい」「あまりに飲みやすくて危険」といったコメントが寄せられている。

1セットにつき333ml 瓶12本入り、5,500セットの限定販売。