「小山ロール」で知られるパティシエ エス コヤマ(兵庫・三田市)に、大人は入ることのできない子どものためのショップ「未来製作所」が12月7日にオープンします。

入れるのは子どもだけ!
入れるのは子どもだけ!

コンセプトは、“子どもの「ミテミテキイテ」と大人の「キキタイシリタイ」をつなぐ”。「中はどんな構造か」「何が売られているのか」など、大人は子どもから話を聞かないと知ることができません。子どもの「伝えたい」と大人の「知りたい」を産み出し、大人と子どもがコミュニケーションを取る“昔の町内”のような空間を目指しているそうです。

未来製作所に入れるのは小学6年生以下の子どもだけ。店内では、新作菓子「MATTERU~牛乳菓 マッテル~」の製造工程を見学したり、出来立てを食べたりできるそう。また、入店した子どもたちにしか分からない「焼きたて○○」も用意されており、スタッフが目の前で焼き上げてくれるそうです。

甘くてやわらかい新作菓子「MATTERU」
甘くてやわらかい新作菓子「MATTERU」

さらに、店内にはオーナーシェフ・コヤマススムさんの試作スペースが設置され、店頭に並ぶ前の新作菓子も見られるとのこと。子どもたちが「みんなに伝えたい!」と思う仕掛けがたっぷりと施されているようです。

なお、外にはタマゴ型の待合室が用意されており、自動販売機で買った「MATTERU」を食べながら待つこともできます。子どもたちは出来立てを食べているのかと思うと、ちょっぴり悔しいですが…。でも、子どもたちの自慢話を聴くこともコミュニケーションのひとつ。これもコヤマさんによる仕掛けのようです。

店舗所在地は、兵庫県三田市ゆりのき台5-32-1。営業時間は10時から18時まで。“子ども記者”による取材は OK とのことなので、たくさん話を聞いて撮影して、指をくわえて待っている大人に教えて下さいね! パティシエを目指す子どもたちにとっても、貴重な体験の場となりそうです。