「個性」というのは大切だ。それぞれの“色”を理解し、短所を責めずに長所を伸ばす。最近は、そんな風潮が日本でもよく見られるようになった気がする。

だが、上には上がある。米国のキャンディ会社 Lollyphile では、かなり個性的な「ロリポップ」が販売されている。“ブルーチーズ味”や“母乳味”、“わさびショウガ味”まであるのだとか。

■“ブルーチーズ味”のロリポップ

白ベースに青のマーブル模様が入った“ブルーチーズ味”のロリポップ。同社のメンバーですら口に入れるのを躊躇したというこのフレーバー、驚いたことに、キャンディの甘みとチーズの酸味が重なって非常に美味なのだそうだ。

同社によるコメントには、「レストランでも、ゴルゴンゾーラチーズにはちみつをかけるものね!」とある。

ロリポップより歯に集中しちゃう写真
ロリポップより歯に集中しちゃう写真

■“母乳味”のロリポップ

友人の出産ラッシュにあった同社のメンバーにより、泣きわめく赤ちゃんの気を引くためにと作られた“母乳味”のロリポップ。母乳を提供してくれる母親たちの協力を得て、ようやく開発されたのだとか。幼いころを思い出させる味というよりは、むしろ動物的本能を呼び覚ますフレーバー(?)らしい。ちなみに、原材料に本物の母乳は入っていないとのこと。

ぐずる赤ちゃんの口に、おしゃぶり代わりに突っ込んであげたいロリポップだ。

ママの味、する?
ママの味、する?

■“わさびショウガ味”のロリポップ

寿司...をイメージしたのだろうか?“わさびショウガ味”のロリポップは、スパイシーで酸味があって、とにかくおいしいらしい。だが、なぜこのフレーバーを作ったのか、開発した当人たちにもよくわからないとのこと。

ほんのりピンクに色づいたファンシーなロリポップは、見た目にもオシャレだ。

ショウガ(=ジンジャー)はわかるけど、わさびって...
ショウガ(=ジンジャー)はわかるけど、わさびって...

他にも“パッションフルーツ味”のような正統派フレーバーから、“パーティーガール味”といった名前を聞くだけではよくわからないフレーバーまで、多数販売されている。これらの個性派ロリポップは同社通販サイトで購入できるが、日本への配送は今のところ行われていない。これからアメリカへ旅立つ好奇心旺盛かつ勇敢な人がいたら、ぜひ試してみてほしい。

いちいちオシャレなんだよなぁ
いちいちオシャレなんだよなぁ