本日11月1日、 Becker's (ベッカーズ)から長野県産の鹿肉を使った「信州ジビエ鹿肉バーガー」が発売されました。「ジビエ」というのは、「狩猟で捕らえた野生鳥獣の食肉」を意味する言葉だそうです。

体を張って数々の珍味(?)を食してきたえん食べ編集部が、この珍バーガーを食べずにいられますか!ということで、 Becker's に「信州ジビエ鹿肉バーガー」を買いに行ってきました!

■「信州ジビエ鹿肉バーガー」を食べてみた

「信州ジビエ鹿肉バーガー」は、長野県産の鹿肉で作ったパテを挟んだハンバーガー。バーベキュー的な魅惑的な香りが漂っています。包みを開けてみると...

ザッツ・シンプル!
ザッツ・シンプル!

地味です。全体的に茶色いビジュアル。レタスの緑も、トマトの赤も見当たりません。中を開いてみると...

全体的に茶色い
全体的に茶色い

鹿肉パテが現れました!その下にしかれているのは、グリルされた風味が香ばしいオニオンリング。上のバンズにはトマトソース、下のバンズにはスパイシーなマスタードが塗られています。やはりレタスやトマトは入ってません。余計な味は狭まず、鹿肉を思う存分楽しんでほしいという意向が反映されているのでしょうか。

ジューシーさ、伝わりますか?
ジューシーさ、伝わりますか?

鹿肉パテを食べてみました。その味は...うん、ワイルド!さすが「ジビエ」という名前が付いているだけあります。明らかに牛肉の味とは違う、なんだろうこれは...カンガルー肉の味とちょっと似ている気がします。外側はカリッと焼かれていますが、中は柔らかくてクリーミーです。焼き加減はミディアムレアといったところ。弾力があって、噛む程に肉汁がジュワッと出てきます。なかなか美味ではないか!

ちょっとクセはありますが、牛肉を使った普通のハンバーガーに飽きちゃった、という人にオススメの珍バーガーですよ!

...鹿肉バーガーを食べながら、筆者はなんだか車でひかれた鹿を解体して食べる八軒くんを思い出しました。さすが鹿肉、教科書には書いてない味でしたよ!ということで、次回はクマ肉かな?