中国 広東省広州市の中山大学の研究者は、二日酔いに関する研究を実施。結果を英国王立化学会(RSC)の電子ジャーナル Chemistry World に発表した。同研究では、アルコール飲料を飲んだあと、どのような飲料を飲めば二日酔いを最小限に抑えられるかを調査し、スプライトが効果ありとしている。

スプライトが二日酔いに効果あり?
スプライトが二日酔いに効果あり?

アルコールは人体に摂取された後、肝臓でアルコール脱水素酵素(ADH)の働きにより、アセトアルデヒドに分解される。このアセトアルデヒドが、二日酔いにつきものの頭痛を引き起こす原因物質だ。アセトアルデヒドは、アルデヒド脱水酵素(ALDH)と呼ばれる酵素によってアセテート(酢酸)に分解され、体外に排出される。

今回の研究の主な目的は、アセトアルデヒドが人体に留まる時間を最小限にする方法を見つけることと、ALDH の活性化の方法を探ることの2つだった。

研究者達は、二日酔いに効くとされる57種類の飲料を調査。その中には、中国では昔から二日酔いに絶大な効果があるとされるハーブティーも含まれていたという。だがそのハーブティーは、ADH の働きは活性化したが、アセトアルデヒドを分解する ALDH 酵素の働きを弱め、むしろ二日酔いを悪化させることが明らかになったそうだ。

一方、研究は ALDH の働きを際立って活性化させ、二日酔い防止に効果があると考えられる飲料が57種類の中に2種類あることも明らかにしている。調査には次のようにある。

「アルコールを飲み過ぎたあとに適した飲料は、Hui yi su da shui(中国で販売されているソーダ水)と Xue bi(スプライト)だ」