『よゐこの無人島0円生活』でお笑い芸人コンビ「よゐこ」が生み出した「チネリ米」。このチネリ米を誰にでも簡単に作れるマシン「よゐこの無人島0円生活チネリータ」が9月19日発売される。価格は1,995円。テレビ朝日の通販サイト「ロッピング」や Amazon.co.jp で購入できる。


「チネリ米」とは、よゐこのお2人が考案した、小麦粉を使った米の代用品。小麦粉を練って作った生地を、米粒大に一粒一粒「チネ」って製造する。製造に技術は不要だが、膨大な時間と強靭な精神力が必要となる料理だ。

一粒一粒「チネ」って製造された「チネリ米」
一粒一粒「チネ」って製造された「チネリ米」

「チネリ―タ」は、このチネリ米を簡単に作れる高速チネリ米製造器。原材料となる「薄力粉」「植物油」「水」さえあれば、時間や精神力がなくても、誰でもチネリ米を製造できる。「高速」と銘打たれている通り、有野晋哉さんと濱口優さんが徹夜で作った量のチネリ米を、わずか数分で製造できるとのこと。


「世界のチネラー」を自称するよゐこの有野晋哉さんをもってしても、一食分のチネリ米を製造するには、3時間近くかかるという。その貴重なチネリ米をわずか数分で製造してしまうこのマシン「チネリータ」は、画期的なものであるのと同時に、『よゐこの無人島0円生活』という番組企画の存在意義を揺るがすものでもあるとも言える。これ、テレビ朝日的には大丈夫なのだろうか?

…といった余計は心配はさておき、本来は代用品であるはずのチネリ米は、現在では様々な料理に応用されており、そのレシピが紹介されるなど、代用品を超えた広がりを見せつつある。レシピには、チネリ米の原材料が小麦粉であることから、パスタ風にアレンジしたものが多いのだとか。そのようなレシピを家庭で手軽に再現してみたいという人にとって、チネリータは有用なのかもしれない。

付属のレシピ
付属のレシピ

サイズは、幅50 × 高さ 160 × 奥行き 50mm で、重さは289g。カラ―バリエーションは「すもぐりブルー」と「おひさまイエロー」の2色展開。チネリ米を使った「ほうれん草とベーコンのリゾット風」や「カニあんかけチャーハン」のレシピが付属する。

「チネリータ」のカラ―バリエーション  「すもぐりブルー」(左)と「おひさまイエロー」(右)
「チネリータ」のカラ―バリエーション
「すもぐりブルー」(左)と「おひさまイエロー」(右)


高速チネリ米製造器「チネリ―タ」プロモーションビデオ