英国ブラックプールの獣医が、80個の小石を飲みこんだ犬に緊急手術を実施。犬の命を救った。英国メディア ITV などが伝えている。

同メディアによれば、小石を飲みこんだ犬は Star という名前の7歳のジャックラッセル。飼い主の Tracy McCaul さんは、Star が動かなくなり、水も食べ物も取らなくなったのを心配して動物病院に連れて行ったという。

石を食べた Star と、胃から摘出された小石(出典:PDSA)
石を食べた Star と、胃から摘出された小石(出典:PDSA)

Star を診察した英国の獣医師による慈善団体 PDSA のスタッフは、Star の X 線写真を見て驚いたという。胃に小石がぎっしりと詰まっていたからだ。PDSA の上級獣医師である Jennifer Jackson 氏は、Star を診察したときの状況を、英国メディア Daily Mirror に対して次のように説明している。

「Star の容体は憂慮すべきものだった。Star は立つこともできず、極端な脱水状態にあった。検査をした際、我々は、Star の胃に何かがあるとは感じていた。だが、X 線写真を見たとき、Star が飲みこんだ小石の数に心底驚いた」

Star の X 線写真(出典:PDSA)
Star の X 線写真(出典:PDSA)

手術後、Star は急速な回復を見せたという。Jackson 氏は、次のように述べる。

「大量の尖った石が腸を通過すれば、石は腸を傷つけて穴をあけ、致死性腹膜炎を引き起こす恐れがあった。我々は緊急手術を実施し、石を取り除いた。ありがたいことに、Star は完治した」

飼い主である Tracy McCaul さんは、Star がまた小石を食べてしまわないよう、庭からすべての小石を撤去したそうだ。