ラーメンにそっくりすぎるケーキ「なんちゃってラーメン」や、みじん切りの麺が入ったラーメン「みそラーメンアイス」。ラーメンをスイーツにしようという試みは日本全国で見られ、それらは国内のみならず海外からも注目を集めています。

でもケーキでラーメンを再現する際には、インスタントラーメンは不向きかもしれません。

いま米国では、マルちゃんのインスタントラーメンを再現した特注ケーキの画像が話題になっています。制作者は不明ですが、海外版のマルちゃんラーメンのパッケージと見比べると、その完成度はなかなかのものであることがわかります。

破れたパッケージからのぞく乾麺から、小袋入りのスパイスまで、  細かく再現されています
破れたパッケージからのぞく乾麺から、小袋入りのスパイスまで、
細かく再現されています

こちらがオリジナルパッケージ
こちらがオリジナルパッケージ

特注ケーキの価格は、数十ドル~数百ドルが相場。このため、特注ケーキのテーマには、ケーキを贈られる人が大好きな趣味に関連した、比較的高価なものが選ばれるのが普通です。なのに、どうして25セントのインスタントラーメンのパッケージが選ばれてしまったのか、そこが話題になっているのです。

特注ケーキの例1:お寿司が好きな人向け?
特注ケーキの例1:お寿司が好きな人向け?
特注ケーキの例2:多分、あのブランドが好きな人向け
特注ケーキの例2:多分、あのブランドが好きな人向け

このケーキを紹介した Foodbeast の Ashley Khawsy 氏は、マルちゃんラーメンケーキについて次のように感想を述べています。

「このケーキは、子どもの大学入学を祝うには最悪のものだ。贈られた子どもは、こんな風に思うだろう。

『大学入学おめでとう!これが、あなたの今後4年間の食事よ。お金は大学の授業料に全部使ってしまったからね』」