今年の夏は、ちょっと涼しいかも…と思ったのも束の間、雨が上がると同時にうだるような暑さが戻ってきました。考えてみれば、折しも8月上旬は1年で一番暑い時期。
 
暑い日が続くと、冷たい食べ物が欲しくなりますよね。でも、かき氷やアイスには飽きてしまった…。そんなアナタ、冷やして食べるちょっと変わったメロンパン「冷やしてメロン」はいかがでしょう?

“冷凍庫で”冷やすのよ!
“冷凍庫で”冷やすのよ!

「冷やしてメロン」は、ベーカリー ドンクで3年前から販売されている商品。“冷凍庫で冷やして”食べる、夏限定のメロンパンです。2010年に九州エリア限定で発売されて人気となり、全国で販売されることになったそうです。

今年販売されているのは、北海道産生クリーム入りで、コクとやさしい味わいが嬉しい「ミルク」、キリマンジャロとコロンビアの苦みが光る「コーヒー」、抹茶の風味が生きたやさしい甘さの「抹茶」の3種。
 
見た目は『メロンパン』
見た目は『メロンパン』

気になる“冷凍庫で冷やした”食感ですが、パン部分はサクサク&しっとりした不思議な食感。メロンパン独特のクッキー部分がサクサクしているけれど口どけはよく、もったりしたパンは食べるのがしんどい暑い時でも軽い口あたりを楽しめます。

中のクリームは、アイスのような舌ざわりです。しかし、一般的なアイスとは違い、口に入れるととろりと溶けて甘さが広がる、一風変わった味わいです。もちろんパン生地との相性も良いですよ。

“コク”がおいしい「ミルク」
“コク”がおいしい「ミルク」


ビターな味わいの「コーヒー」
ビターな味わいの「コーヒー」


やさしい甘さの「抹茶」
やさしい甘さの「抹茶」

また、このクリームは、溶けるとふわふわでなめらかなホイップクリームのような食感になるので、アイスのように垂れて(?)来ません。冷凍庫から出して少し時間を置いたり、あえて溶かして食べるのもオススメです。

溶けるとなめらかなクリームに
溶けるとなめらかなクリームに

夏らしい手土産を持参したいけど、アイスだと溶けてしまう。ケーキなども、保冷剤を入れていてもぬるくなってしまったらおいしくない。そんなときに、この凍らせても溶けてもおいしい「冷やしてメロン」は活躍するかもしれません。でも、お茶請けにするにはちょっと大きすぎるかな…(笑)。

今夏の販売は8月31日まで。価格は1個210円です。販売されているドンク店舗には、この商品のためだけに冷凍庫が設置されているので、『冷凍庫』を目印に探してみてくださいね!