「よなよなエール」をはじめ、個性的なブランドと本格的な味わいが人気のクラフトビール醸造所 ヤッホーブルーイング。今回、飲食店経営を手がけるワンダーテーブル社、飲食店プロデュースを手がけるカゲン社とコラボし、常時10種類以上の同社製生ビールを楽しめる「よなよな BEER KITCHEN」を、2013年10月にオープンする。

そのフラッグシップ店が、六本木のアーク・カラヤン広場で開催されるビアガーデンに登場。9月8日まで、7種の生ビールやこだわりのフードが楽しめる。
 
ヤッホー社の生ビール&こだわり料理が楽しめる
ヤッホー社の生ビール&こだわり料理が楽しめる

このビアガーデンで提供される生ビールは、「よなよなエール」「インドの青鬼」「東京ブラック」「水曜日のネコ」「前略好みなんて聞いてないぜ SORY」「軽井沢高原ビール」2種の、計7種。全てエールビールで、フルーティーな甘さや深いコクが味わえるのが特徴だ。
 
見たことある?
見たことある?

たとえば、「前略好みなんて聞いてないぜ SORY」というちょっと変わった名前の商品は、香り高く飲みやすい発売されたばかりの白ビール。旨みのもとは、かつお節から抽出した『アミノ酸』なんだとか。ジューシーで芳醇な甘みと香り、キリッとした飲み口の両方が味わえる。

聞いてくれとも頼んでないぞ、草々
聞いてくれとも頼んでないぞ、草々

黒ビール「東京ブラック」は、黒特有のコクはそのままに、すっきりとした後味に仕上げられているのが特徴。黒の味わいが苦手な人にもオススメだ。
 
力士の後ろ姿が凛々しいぜ
力士の後ろ姿が凛々しいぜ

また、フードメニューにもこだわりがたっぷり。“国産素材”かつ“ビールに合う”ことをポイントとした、本格的な料理が用意されている。

看板メニューの「ローストチキン」は、特注の窯で焼き上げられた贅沢な一品。肉厚でジューシーな国産鶏の弾力と、豊かな甘みが楽しめる。

また、同じく窯で焼き上げられるソーセージも販売。ピリッと辛い「カレー味」、濃厚にバジルが香る「バジル」、和の雰囲気ただよう「山椒」と、どれもビールがウマい味わい。
 
ビールによく合うフードもオススメ
ビールによく合うフードもオススメ

営業時間は、17時から22時まで(土日は11時から)。コース料理(1人3,000円)のみ予約が可能。席数は120席で、屋根があるため雨天でも楽しめる。

なお、本店の詳細情報は、8月中に公開される予定。今回の7種に加え、常時10種以上の生ビールが販売されるという。クラフトビールが本格的に楽しめる店舗として、オープンがとても楽しみだ。
 
今日も1日お疲れさま!
今日も1日お疲れさま!