Lia Benninghoff さん(20歳)と Aro Draven さん(38歳)は、インターネットの出会い系サイトで今年のヴァレンタインデイに知り合い、その3週間後に結婚を決めた。これだけ聞けば、ごく普通のカップルの、ごく普通の出会いのように聞こえる。だが1つだけ普通ではない点があった。Draven さんは、ヴァンパイアだったのだ。英国メディア Barcroft TV が伝えている。

Aro Draven さん(写真左)の血を吸う Lia Benninghoff さん(写真右)
Aro Draven さん(写真左)の血を吸う Lia Benninghoff さん(写真右)

Barcroft TV による報道を見る限り、同メディアは Draven さんが本物の吸血鬼であるとは考えていないようだ。ただ Draven さんは、幼い頃から自分の指などをナイフで切っては血を吸うのが好きな、ちょっと変わった人物であることは間違いないらしい。

Benninghoff さんは、Draven さんがヴァンパイアと知ったときのことを次のように述べている。

「初めて彼がヴァンパイアだと知ったとき、とても興味深かった。本当にヴァンパイアがいるなんて、知らなかったから」

2人は結婚を決めるにあたり、より親密な関係になることを望んだ。それは、Benninghoff さんも、ヴァンパイアになることだった。

「彼は私を深夜3時にヴァンパイアにしてくれた。深夜3時は『魔女の時間』だから。Aro は自分をカミソリの刃で切って血を私に差し出した。それから私も自分を切り、彼はそれを飲んだ。そのとき、私は体中に力が迸るのを感じた。まるで魔法のような体験だった」

Benninghoff さんは自分の腕をカミソリで切り
Benninghoff さんは自分の腕をカミソリで切り


滲んだ血を
滲んだ血を


 Draven さんに吸わせる
Draven さんに吸わせる


Benninghoff さんも Draven さんの血を吸う
Benninghoff さんも Draven さんの血を吸う

これ以降、Benninghoff さんと Draven さんは1週間に一度、お互いの血を吸いあっているのだという。

2人は、一年で最もヴァンパイアが結ばれるのにふさわしい日である「ハロウィーン」に結婚式を計画していると、Barcroft TV は伝えている。

ハロウィーンに結婚する2人
ハロウィーンに結婚する2人