簡単に真空状態をつくれる調理器具「フードパック エアレス」が、山善から発売されました。コードレスで、単三乾電池4本で作動。本体の高さは約 10cm、重さは約 300g(乾電池をのぞく)。

ボタンを押すだけで“真空状態”に!
ボタンを押すだけで“真空状態”に!

エアレスは、専用容器の上に置いてスイッチを押すと、自動で中の空気を吸引して真空状態にするというもの。食材の長期保存に利用できるほか、“時短”調理にも活用できるそうです。

例えば、通常1晩かけることも多い『唐揚げの下味つけ』は、5分~10分で完了。梅酒などの果実酒だと、1か月ほど必要な漬け込みが約7日間に短縮できるといいます。

エアレス本体のほか、時短調理に活躍する密封容器(大/小)、果実酒用の密封ガラス容器(大/小)、食材の保存に便利なチャック付きのパック袋(大/小)が用意されています。山善のショッピングサイト「YAMAZEN くらしの e ショップ」での販売価格は、本体が4,980円、専用容器は1,880円~(2013年7月4日時点)。

専用容器は3タイプ
専用容器は3タイプ

ただ“時短”になるだけでなく、調理の幅も広がるかもしれません。