牛丼チェーン吉野家で、「牛カルビ丼」「ねぎ塩ロース豚丼」が7月4日に発売される。価格は、並盛が各480円、定食が各530円など。女性客のニーズに応え、吉野家初となる「小盛(こもり)」サイズ(380円)も登場。

「牛カルビ丼」には、醤油ダレで香ばしく焼き上げられた大判カルビが使われている。赤身と脂身が絶妙なバランスの肉がボリュームたっぷりに盛りつけられており、“吉野家が追求した味と品質を存分に堪能できる自慢の商品”とのこと。

ボリュームたっぷりの大判カルビ!
ボリュームたっぷりの大判カルビ!

一方「ねぎ塩ロース豚丼」は、大判ロース肉に塩ダレが絡められた夏季限定商品。

こちらも大判肉でボリュームたっぷり
こちらも大判肉でボリュームたっぷり

なお吉野家では、2013年4月から「牛丼」「牛皿」全サイズが値下げされ、牛丼並盛は280円で販売されている。