洋菓子店「ピエール・エルメ・パリ」では、本日6月21日、チャリティーイベント「マカロンデー」が開催され、マカロンの無料配布や限定商品の販売などが予定されています。
 
夏至の日は「マカロンデー」
夏至の日は「マカロンデー」

フランスでは8年前から行なわれているというマカロンデー。難病に苦しむ子どもたちのための寄付金あつめを目的として、同店の創業者ピエール・エルメが始めた活動ですが、現在では多くの洋菓子職人が参加するイベントとなり、毎年3月20日に開催されているそうです。

日本では夏至の日をマカロンデーに定め、理念を受けついだ活動を展開。集まった寄付金などは『認定NPO法人 難病のこども支援全国ネットワーク』を通じて、医療と福祉向上の費用にあてられるそうです。

販売される限定商品は、20フレーバーのマカロンが入った限定ギフトボックス「Initiation」(8,400円)や、今年のマカロンデーでアンバサダー(広報大使)をつとめる、水泳の入江陵介選手が一番好きな抹茶のマカロン「デペイゼ」。どちらも商品の収益の一部が寄付されます。

カラフルな「Initiation」
カラフルな「Initiation」

また、各店でマカロンの無料配布が行なわれるほか、青山ブティックでは募金箱を設置。夜にはマカロンづくしのパーティー「マカロンナイト」が開催されるなど、マカロンを通じてたくさんの人々がつながる一日になりそうです。