米国カリフォルニア州 Willits で女性が購入したバーガーキングのハンバーガーに、カミソリの刃が混入するという事故が発生した。女性に怪我はなかった。米メディア News10 ABC が伝えている。

発見されたものと同型のカミソリの刃を使った再現画像(出典:News10 ABC )
発見されたものと同型のカミソリの刃を使った再現画像(出典:News10 ABC )

同メディアによれば、ハンバーガーの中にカミソリの刃を発見したのは、46歳の女性 Yolanda Orozco さん。ハンバーガー内のオニオンを確認しようとして、チーズとパティの間にカミソリの刃を見つけたという。

ハンバーガーの中にカミソリの刃を発見した Yolanda Orozco さん(出典:News10 ABC )
ハンバーガーの中にカミソリの刃を発見した Yolanda Orozco さん(出典:News10 ABC )

Orozco さんからの通報を受けた警察官 Mark McNelley 氏は、次のように述べている。

「正直に言って、通報はでっちあげだと思っていた」

だがその夜、McNelley 氏とそのパートナーは、バーガーキングの店員によってキッチン内部を案内され、多くのカミソリの刃を見つけた。

「私は本当に驚いた。そんなものを目にするとは思っていなかったからだ」

バーガーキングの店員は、調理器具などの清掃に、カミソリの刃を使用していたと説明したという。

捜査の結果、カミソリの刃は、ハンバーガーの調理中に誤って混入したものと判明した。

News10 ABC は、誤って混入したものという事実は恐ろしいことだと伝えている。意図的なものであれば、犯人を逮捕すれば事は済む。だが今回のケースでは、同様の事故が今後も発生するかもしれないからだ。

バーガーキングはこの件に関し、次の声明を発表した。

「食品の安全は、世界中のバーガーキングでの最優先事項だ。バーガーキングによる食品取扱手順では、カミソリの刃を、食品を調理する場所や、その近くに置くことをどのようなときであっても、厳しく禁止している。この件は同店舗特有の事故ではあるが、バーガーキングはこの件を深刻に受け止め、同店舗を所有し運営しているフランチャイズ加盟者とともに、調理手順順守の強化と、スタッフの再教育に努めていく。また、フランチャイズ加盟店は、地元当局に対して協力を行う」