米国では、受刑者は刑務所内でアルコール飲料の所有を許可されていない。だがそんな状況でも、アルコールを摂取しようと努める受刑者は後を絶たないという。この努力の成果として誕生したのが密造酒「Pruno」。別名「刑務所ワイン」とも呼ばれるアルコール飲料だ。受刑者はこれを独房のトイレ内に隠すことが多いため、「トイレワイン」とも呼ばれている。

「刑務所ワイン」「トイレワイン」と呼ばれる密造酒「Pruno」
「刑務所ワイン」「トイレワイン」と呼ばれる密造酒「Pruno」

Pruno は、刑務所の食堂で提供されるリンゴ、オレンジ、ケチャップ、砂糖、牛乳などを原料に作られることが多い。発酵には、パンに含まれるイースト菌が利用される。また、Pruno の醸造にはワイン樽ではなく、ごみ袋が使用される。完成したワインのアルコール濃度は、発酵日数によっても異なるが、14%に達することもあるそうだ。

Pruno の味は「吐き気を催すほど」ひどいものだという。だが囚人にとって味は問題ではない。アルコールであり、酔えること。それが最も重要なのだという。

米国メディア Buzz Feed は、Pruno のレシピを YouTube に動画で公開した。それによれば、Pruno の製造手順は次の通りだという。

1.原材料を集める

Pruno の原材料となるフルーツ、ケチャップ、砂糖または砂糖の代わりになるもの、それにパンを集める。また、Pruno の醸造で使用するゴミ袋と靴下も用意する。

原材料は、フルーツ、ケチャップ、砂糖または砂糖の代わりになるもの、それにパン
原材料は、フルーツ、ケチャップ、砂糖または砂糖の代わりになるもの、それにパン

2. フルーツ、ケチャップ、砂糖をゴミ袋に入れ、フルーツをつぶしながら良く混ぜる

Buzz Feed によれば、囚人の気持ちを想像しながら、「世界に対する怒りをぶつける」ように、ゴミ袋を殴ると良いそうだ。

ゴミ袋に原材料を入れる
ゴミ袋に原材料を入れる

ケチャップを足す
ケチャップを足す

揉む
揉む

殴る
殴る

 
3. パンを靴下に入れる

入れたら、その靴下ごと、Pruno の原材料の入ったゴミ袋に投入する。

靴下を用意
靴下を用意

パンを入れ
パンを入れ

ゴミ袋に投入
ゴミ袋に投入

 
4. 冷暗所に4~5日置く

5日後、ゴミ袋を開ければ、そこには完成した Pruno があるはずだ。

冷暗所に4~5日置くと
冷暗所に4~5日置くと

Pruno の完成!
Pruno の完成!

 
Buzz Feed は、完成した Pruno の味見をしている。それによれば、確かにアルコールの味はするが、腐ったジャンバジュースの匂いがして、飲めたものではないそうだ。

Pruno をグラスに注ぎ
Pruno をグラスに注ぎ

グラスを回して、腐ったジャンバジュースのような香りを存分に楽しむ
グラスを回して、腐ったジャンバジュースのような香りを存分に楽しむ

続いて、味を楽しむ
続いて、味を楽しむ

吐き気を催す味に悶絶する
吐き気を催す味に悶絶する

さて、上記のレシピに従って Pruno を製造すると、日本では酒税法により10年以下の懲役または100万以下の罰金に科せられる可能性があることに留意されたい。

また、製造した Pruno を飲むのは危険でもある。米国の公共ラジオ局 NPR によれば、2012年にはユタ州の刑務所で、米国史上2番目に大規模なボツリヌス菌のアウトブレイクが発生し、8人が、嚥下困難、嘔吐、視覚異常などの症状を起こして入院した。このうち3人は、集中治療室での加療が必要となったという。このアウトブレイクの原因となったのが、同刑務所内で製造された Pruno だそうだ。

吐き気を催すほどまずく、食中毒の可能性があり、しかも法律違反の Pruno の密造。メリットは何一つ無いので、絶対に実行しないようお願いしたい。


Pruno の製造方法