デンマーク在住の女子学生5人が実験を行い、無線 LAN ルーターの近くでは植物が育たないことを実証した。デンマークメディア DR が伝えている。

無線 LAN ルーターの側では、野菜は育たない
無線 LAN ルーターの側では、野菜は育たない

実験を行ったのは、デンマークの North Jutland にある Hjallerup 校に通う9年生の学生たち。彼女らは、枕元にモバイルフォンを置いた場合、寝つきが悪かったり、翌日学校で集中できなかったり、といったことを経験した。このため、モバイルフォンが人体に与える影響を検証したいと考えたという。だが、学生たちが通う学校には実験設備がなかったため、代わりに植物に与える影響を検証することにした。

実験にあたり、学生たちはコショウソウと呼ばれる野菜の種子を植えた12個のトレイを用意。そのうち6個を無線 LAN ルーターの無い部屋に、残りの6個を無線 LAN ルーターが2つ設置された部屋に置いた。学生たちは、モバイルフォンではなく無線 LAN ルーターを設置した理由を、ルーターはモバイルフォンと同種の電磁波を発しているからと説明している。その後12日間、学生たちは種子の観察を続けた。発芽状況を文書と画像で記録し、トレイの重量を計測した。

12日後、無線 LAN ルーターの無い部屋のコショウソウは通常通りの成長を示した。だが、無線 LAN ルーターのそばに置かれた種子の多くは成長せず、中には突然変異を起こしたり、枯れてしまったものさえあったという。実験に参加した学生の1人、Lea Nielsen さんは、この結果について次のように語っている。

「これほど大きな影響があるのかと、本当に恐ろしく感じた。私たちは皆、この結果に愕然とした」

無線 LAN ルーターの無い部屋に置かれたコショウソウ
無線 LAN ルーターの無い部屋に置かれたコショウソウ


無線 LAN ルーターのある部屋に置かれたコショウソウ
無線 LAN ルーターのある部屋に置かれたコショウソウ

実験を指導した同校の教員 Kim Horsevad 氏によれば、多くの研究者がこの実験に興味を示しているという。スウェーデン ストックホルムにあるカロリンスカ研究所の教授 Olle Johanson 氏もその1人。同教授は、専門家の管理の元、この実験を継続したいと述べている。

「(専門知識に対する)理解も、実験器具も限られている中、学生たちは素晴らしい実験と、見事な記録を行った。その詳細さと正確さは、称賛すべきものだ。コショウソウを選択したのも理にかなっている。私は、この実験を継続したい」

Johanson 氏は、将来学生たちを自分の実験室に招きたいと述べている。

「彼女たちが将来、研究の道に入ってくれることを望んでいる。彼女たちは天性の研究者だからだ。個人的には、私のチームに迎え入れたい」

もちろん、学生たちはまだ将来を決めてはいない。だが、枕元にモバイルフォンを置かないことだけは、固く決意したという。Nielsen さんは次のように述べている。

「もう誰も、モバイルフォンをベッドサイドに置いて眠ることはしなくなった。離れた場所に置くか、別の部屋に置いている。コンピューターもオフにすることにした」

実験を行った5人の9年生  左から、Lea Nielsen さん、Mathilde Nielsen さん、Signe Nielsen さん、Sisse Coltau さん、Rikke Holm さん
実験を行った5人の9年生
左から、Lea Nielsen さん、Mathilde Nielsen さん、Signe Nielsen さん、Sisse Coltau さん、Rikke Holm さん