スタジオジブリのアニメ「魔女の宅急便」の中に、魔女のキキと黒猫ジジのこんなやりとりがあります。

キキ「ジジ、このままずっとお客さんが来なくて、おばあさんになるまで、毎日毎日まーいにち、ホットケーキばかりだったら、どうしよう?」
ジジ「僕、ホットケーキ好きだよ。焦げてなきゃ」
キキ「猫って気楽ね。今にホットケーキみたいに真ん丸くなっても知らないから」

うわ、ホットケーキを食べ過ぎると真ん丸になっちゃうの?!って思った方、大丈夫、世の中には年間“200食”もパンケーキを食べるステキな女性がちゃんと実在していますので、ご安心を。

■膨大な食べ歩きデータから厳選された「パンケーキ・ノート」の100点

「パンケーキ・ノート」は、早稲田大学で講師を務めるトミヤマユキコさんの書籍。本書では、彼女がこれまでに食べたパンケーキの中から、厳選した100点を紹介しています。驚くべきは、その“食べ歩きの数”。なんと彼女は、2010年から年間200食ペースでパンケーキを食べているのだとか!
 

パンケーキ・ノート/ トミヤマユキコ

パンケーキ・ノート/ トミヤマユキコ


元々ライターの彼女、実は外を出歩くのはあまり得意ではないとのこと。ところが、あるお店との出会いが、トミヤマさんをパンケーキの世界へと引き込んだそうです。

「おいしくて、ぱくぱく食べたいけれど、なぜか食べ終わるのがとても惜しい。うまく言えないけれど、ホットケーキを食べることが、とてつもなく幸せなことに思えました」(「珈琲専門店トミィ」紹介文より)

「こんな素敵なお店、ほかにもあるのかな?」と思ったこの日から、彼女の“食べ歩き”が始まりました。

パンケーキ店を関東/関西エリアの75軒紹介し、パンケーキについてはもちろん、店内の雰囲気や作り手の様子まで丁寧に書いている本書。加えて、美味しいミックス粉やパンケーキ関連書籍の紹介など、隅々にまでパンケーキの情報が詰まった一冊です。シロップのようになみなみと注がれたパンケーキ愛を、とくとご堪能ください。

■もうがまんできない、パンケーキ取り寄せます!

そう、パンケーキ・ノートは見ているだけでも十分幸せ。でもやっぱり自身の舌で味わいたいですよね。食いしん坊だもの。

そこで今回、本書で紹介されている「リーガロイヤルホテル バニラホットケーキ」をお取り寄せしてみました。トミヤマさんが、「用意するのは食器だけ」「家庭用冷凍ホットケーキとしては最高ランク」と絶賛する冷凍ホットケーキが、とにかく気になったのです。

筆者は休日にホットケーキをよく焼きますが、ふわふわにするために、マヨネーズ、メレンゲ、火加減の調整などなど、これまで相当な努力をしてきました。結果、完成までに30分以上。貴重な休日がもったいない!

だけどこちらは、お皿に載せてレンジでチンするだけ。でも、本当にあの“リーガロイヤルホテル”の味が楽しめるのでしょうか。

■レンチンして、食べてみた

高級感溢れるモスグリーンの箱に入って、ホットケーキが届きました。ちなみにお値段は4枚入りで税込397円。マーガリンとシロップも2セット入っています。ホットケーキにはホテルのロゴが焼印され、何ともセレブなオーラを醸し出していますね!
 

1枚1枚に、ホテルのロゴ入り
1枚1枚に、ホテルのロゴ入り


では早速作ります。といっても、くっつかないようにお皿に並べて、レンジでチンするだけ。ラップすらいりません。1分半ほど温めてレンジを開けた瞬間、ふわっと広がるバニラの甘い香り。ん~なんて幸せな気分!

マーガリンとシロップをたっぷりかけてひと口。全体がしっとり、ふわっふわです!リッチなバニラの香りと優しい甘さで、おやつや朝食には2枚で十分な食べごたえです。
 

付属のマーガリンとシロップをたっぷりと…
付属のマーガリンとシロップをたっぷりと…

2段重ねで贅沢に、いただきま~す!

2段重ねで贅沢に、いただきま~す!


筆者はホテルで実際に出されているものを食べたことがないのですが、トミヤマさんの言う「これ、本当にレンチン?」と同等の衝撃を受けました。

■パンケーキ・ノート愛読者には、あの人気漫画家も!

ところで本書の愛読者には、人気漫画「ハチクロ」「3月のライオン」などの作者、羽海野チカさんもいらっしゃるという情報。羽海野さんは自身の Twitter でも、そのパンケーキ愛をつぶやいています!もしかしたら、隣の席でパンケーキを食べてるあの女性、羽海野センセイかも・・・?
 

羽海野チカさんも Twitter で紹介!
羽海野チカさんも Twitter で紹介!


オトナも子供も、みんな大好き“パンケーキ”。このノートを片手に、ぜひ街へ飛び出してみてください♪