弁当が傾かないレジ袋「ランチビークル」の新型「幌(ほろ)付きクレーンタイプ」が、アスラビットにより開発された。この試験運用が、現在改装中の東武ストア 川越マイン店の惣菜コーナーで、6月下旬に開始される。

汁物もこぼさずに運べる!
汁物もこぼさずに運べる!

「ランチビークル」は、クレーンの“安定してものを運ぶ”技術を参考に、袋の中で弁当が傾いてしまうことでおきる「寄り弁」や「汁もれ」を防ぐことのできる袋として、2012年9月に発表された。

今回新たに“幌”の構造が加えられたことで袋状に包装できるようになり、調味料や薬味など、弁当の容器とは大きさの異なる小さな容器も一緒に入れられるようになったそうだ。


“幌つき”タイプの使い方
“幌つき”タイプの使い方

また、汁物類の同包にも適しており、スープや汁気の多い惣菜などに使われる深型の容器も、底面積の広い弁当容器とともにこぼさず運べるとのこと。

様々な組み合わせができそうだ
様々な組み合わせができそうだ