コーヒーを飲む最終的な目的は、カフェインを摂取して眠気を覚ましたり、脳を活性化させたりすることだろう。中には、中毒症状を緩和させるために仕方なく、というちょっとあれな人もいるかもしれない。

だが、その目的を達成するには、多くの種類のコーヒーから、自分のための1種類を"選択"しなければならない。そして"選択"には、その人の秘められた性格が投影される。



Time 誌や Forbes 誌にも寄稿している米国のコミックアーチスト Jeff Wysaski 氏は、好みのカフェメニューで性格がわかる「What Your Coffee Says About You(コーヒーでわかるあなたの性格)」を発表した。同作品では、次のように好みのコーヒーによる性格診断を実施している。

■エスプレッソ:親切で順応性が高い
エスプレッソを選択する人は、本当にコーヒーの味が分かっている人だ。そのような人の数は少ないが、尊敬できる。

■ダブルエスプレッソ:問題解決能力が高く、働き者
通常のエスプレッソでは、もはや自分には効果がないことを自覚している。

■トリプルエスプレッソ:仕事に熱中するタイプ。でも、ちょっとやり過ぎ?
トリプルエスプレッソが好きだという人は、90年代の後半からずっと寝ていないのでは?

■カフェモカ:楽しいことが好きで、創造性も高い
本当はコーヒーの味は好きではないが、カフェインの刺激が欲しくて、甘い飲み口のカフェモカを選んでいる。

■ラテ:思慮深いが、時に優柔不断
初めての場所では、無難な選択をしがち。

■カプチーノ:心の温かい人だが、時に周囲が見えなくなることも
このタイプの人の友人は、唇の泡を拭うよう注意してあげなければならない。

■マキアート:伝統を重んじる、遠慮深い人
単に、泡が上唇に付くのが嫌なだけという場合も。

■アイスコーヒー:自己主張が強く、辛辣な物言いをする人
気候で飲み物の選択が左右されるのは嫌だと考えている。単に「ストロー好き」というケースも考えられる。

■アメリカンコーヒー:穏やかで誠実
当たり前のことを楽しめるタイプ。たとえば公園でのピクニック、たとえば鳥の鳴き声、そしてたとえばうっすいコーヒー。

■フラペチーノ:満ち足りていて、かつ活動的
コーヒー好きだと主張しているが、でも本当は、アイスクリーム好き。

「What Your Coffee Says About You(コーヒーでわかるあなたの性格)」
「What Your Coffee Says About You(コーヒーでわかるあなたの性格)」

同作品はその他、テイクアウトのコーヒーと、Expresso も扱っている。

Wysaski 氏は精神分析や心理学が専門というわけではない。同氏の意見には科学的な根拠があるわけではない。だがその洞察の深さには、興味深いものがある。