4月26日にオープンした「グランフロント大阪」に、キルフェボンが出店しました。関西では京都に続いて2店目、待望の大阪店です。

この、関西のファン待望「キルフェボン グランフロント大阪店」に、オープン初日に突撃してきました。もちろん、大阪店限定の「ミックスジュースのタルト」も食べてきましたよ!

限定タルトが気になりすぎて…
限定タルトが気になりすぎて…

「グランフロント大阪」オープン初日の、4月26日。到着したのはオープン予定時刻の10時より30分以上も前の9時20分でしたが、既にたくさんのお客さんと報道陣で大混雑です。

9時半になると、予定より30分早めにオープン。どんどん人が吸い込まれていきます。この激流のような人の流れに乗って、キルフェボンを目指します。

背が低いので、これが精一杯
背が低いので、これが精一杯

人もカメラも多すぎてこわい
人もカメラも多すぎてこわい

キルフェボンが店を構えるのは、ショップ&レストラン 南館の2階。JR 大阪駅2階の連絡デッキから入ってまっすぐ進んでいくと、フロアの突き当たり右手にあります。初日の混雑を予想してか、「イートイン」と「テイクアウト」に分かれて並ぶためのパーテーションが用意されています。

事前にお店の位置もチェックしてオープンと同時に入店、迷わずたどり着いたので一番乗りかと思いきや、既に10人ほどの人が並んでいます。みなさん、しっかりとチェックしていたようですね。

北館との連絡通路の手前にあります
北館との連絡通路の手前にあります

左が「イートイン」の列
左が「イートイン」の列

さて、順番がまわって来て店内に案内されます。待ち時間は10分ほどでした。入って右手がテイクアウト、左手の奥がイートインコーナーです。店内には、テラス席も合わせて約60席が用意されています。

テイクアウトも大賑わい
テイクアウトも大賑わい

外にはすでに、入店待ちの行列が!
外にはすでに、入店待ちの行列が!

オーダーは、もちろんグランフロント大阪店限定の「ミックスフルーツのタルト」。大阪生まれの“ミックスジュース”をイメージしたタルトだそうです。

トッピングは、みかんなどのフルーツと真っ赤ないちご。端にある白い棒のようなものはホワイトチョコレートです。フルーツとクリームの下は、しっとりしたスポンジとサクサクのタルトです。

見た目は、カスタードクリームを使った一般的なフルーツタルトのようですが、食べてみると、牛乳のまろやかさがしっかり際立った“ミックスジュース”の味がします。なんだか懐かしい味。

これが食べたかった…!
これが食べたかった…!


“ミックスジュース”の味がします
“ミックスジュース”の味がします

もちろん、ほかにもたくさんのタルトがそろえられていて、紅茶やコーヒーも充実しています。これまで遠くて行けなかった!という人はチャンスです。なお、ミックスフルーツのタルトは5月末までの販売予定なので、このチャンスを逃さないように気をつけて下さいね!

ティーポットがオシャレ
ティーポットがオシャレ

とは言うものの、GW 中の混雑具合が気になりますよね。お店に聞いてみたところ、4月末の3連休、イートインは最大90分待ちの行列だったそうです。特に混雑するのは、お昼から夕方にかけて。午前中はそこまで混まないものの、開店前から並ぶお客さんもいらっしゃるそうです。

イートインとテイクアウトで分かれて入店するという方法は継続しているそうですが、イートインで食べたあとお土産のタルトを…なんていうことも、もちろん可能です。混雑している時に行きたくないという人は、21時まで営業しているので、平日の帰宅途中に立ち寄ってみるなんていうのもアリかもしれません。

奥は「バナナとラムレーズンのタルト」!
奥は「バナナとラムレーズンのタルト」!