東京ディズニーランドホテルで、7月17日から8月18日のうちの10日間、新感覚のエンターテイメントダイニングプログラム「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」が開催される。

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」ロゴ (C)Disney
「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」ロゴ (C)Disney

このプログラムでは、アイマスクで目隠しし、聴覚や味覚、嗅覚などでコースメニューを楽しみながら、自分自身の想像力によって“ディズニー映画の世界観”を体験できる。

会場は、東京ディズニーランドホテル 宴会場「シンデレラドリーム」で、期間中に20回開催。人数は各回100名で、価格は1名1万2,000円。アルコール類も提供されるため、20歳以上でなければ参加できない。5月15日10時より、ローソンチケット(インターネットまたはローソン・ミニストップ店頭「Loppi」)でチケットを予約できる。


【ストーリー設定】

プログラムのご案内役をつとめるのは、不思議な魔法の力を持つシェフ。普段とは一味違うパーティーをたくさんのゲストに楽しんでもらうため、彼はホテルの宴会場とディズニー映画『美女と野獣』の世界を魔法の力でつなげることにしました。物語の世界の住人たちとの触れ合いや、その昔、彼らが住むお城で振舞われたフルコースの食事など、魔法の力が生み出す、ゲストにとってはまるで夢のような体験です。

ただし、彼は一つの条件をつけました。それはシェフの魔法をキャッチできるアイマスクを使うこと。このアイマスクをつけることで、ゲストは宴会場にいながら、間近に『美女と野獣』の世界観を感じることができるのです。しかし、アイマスクをはずすと、魔法の力は泡のように消えてしまいます。ゲストは視覚以外の感覚を研ぎ澄ませ、想像力を駆使して、このパーティーをお楽しみいただきます。(プレスリリースより)