米国 GE は、お湯が沸かせる冷蔵庫「French Door Refrigerator with Hot Water Dispenser」を発売しました。

世界初、お湯が沸かせる冷蔵庫  「French Door Refrigerator with Hot Water Dispenser」
世界初、お湯が沸かせる冷蔵庫
「French Door Refrigerator with Hot Water Dispenser」

同冷蔵庫は、冷蔵庫でありながらドア部分に「ホットウォーターディスペンサー」が付属した商品。これを使えば、必要なときにいつでも熱湯を利用できます。同社によれば、お湯を沸かせる冷蔵庫は過去に例がなく、世界初の快挙なのだとか。

冷蔵庫から、湯気が立ち上ってます!
冷蔵庫から、湯気が立ち上ってます!

同冷蔵庫のホットウォーターディスペンサーには浄水装置が付属しているため、常にクリーンなお湯を得ることができます。また、飲み物や料理に合わせた4種類の温度設定が可能となっており、ボタンを押すだけで、毎回正確な温度のお湯を得ることができるのだとか。プリセットされた水温は、「Soup(スープ)」が85度、「TEA(紅茶)」で77度、「Hot Cocoa(ホットココア)」が66度、「Warm(ぬるま湯)」で32度です。また、水温のカスタム設定も可能になっています。

「Warm(ぬるま湯)」の使用目的がわからない…。
「Warm(ぬるま湯)」の使用目的がわからない…。


それにしても物を冷やす装置である冷蔵庫に、なぜお湯を沸かす機能を付けたのでしょうか?同社の Web サイトには次のようにあります。

「朝の一杯の紅茶から簡単なスープまで、我々の冷蔵庫に付属するホットウォーターディスペンサーは、忙しい朝の食事や飲み物の準備を、これまでとは比べ物にならないほど簡単にする」

どうやらこの冷蔵庫は、朝食作りの時間を短縮する「朝食作りのプラットフォーム」として設計されたようです。

これまでは作れなかったアツアツの紅茶やスープも、この冷蔵庫でなら作れるんです!
これまでは作れなかったアツアツの紅茶やスープも、この冷蔵庫でなら作れるんです!

でも、この冷蔵庫、欲しがる人はいるのでしょうか?

同社の Web サイトには、米国人利用者から「待ちかねました」とのコメントが書き込まれているのを発見。これに対し GE の広報担当者が、「ご指摘の通り、この機能の実現には長い時間がかかりましたが、ついに登場しました」と回答していました。どうやらこの冷蔵庫、米国では一定の需要がありそうです。

この世界初の画期的な冷蔵庫(というか、朝食作りのプラットフォーム)の価格は3,099ドル。冷蔵庫としては高価です!残念(?)ですが日本から購入することはできないようです。