“身近な即席麺を通じて子育てを楽しみたいお父さん”を『育麺』と名づけ、お父さんと子どもが協力しながら即席麺を使った料理を作る企画「全日本 育麺メニューコンテスト」の決勝大会が、3月24日に開かれた。予選を勝ち抜いた10組がオリジナルの麺料理を披露した。

このコンテストでは、お父さんと子どもが考案した即席麺のアレンジメニューを全国から募集し、書類選考、Web 投票を経て全国5ブロックの代表となる10組の父子を選出。その中から、日本一の父子考案即席麺アレンジメニューを決定する。

決勝大会の結果、北海道・東北ブロック代表チーム『和みっつ』が考案した、スープに生姜を入れ、すりおろした長芋と秋田名物ぎばさ、ごまをトッピングした「ほっこりラーメン~とろっ☆すりっ☆ねばっ~」が、見事“日本一の父子考案即席麺アレンジメニュー”に選ばれた。

 

和みっつ「ほっこりラーメン~とろっ☆すりっ☆ねばっ~」

和みっつ「ほっこりラーメン~とろっ☆すりっ☆ねばっ~」

 

このメニューに使用した即席麺は「日清のラーメン屋さん 鶏炊きしょうゆ」。お父さんによると、現在妊娠6か月の冷え性の妻のために、生姜をいれたスープで身体を温めて欲しいと考案したものだそうだ。

 

優勝した「和みっつ」の調理シーン

優勝した「和みっつ」の調理シーン

 

なお準優勝は、日清 出前一丁を使用し、点心のように仕上げたメニュー「イケ麺★福袋」を披露した、関東ブロック代表チーム『点心らんまん』。また特別賞には、日清のラーメン屋さん 香味しおを使用し、ラーメンをチヂミの様にアレンジした「ペンタポン」を考案した、九州・沖縄ブロック代表『那覇のカワグチさん』が選ばれた。

 

点心らんまん「イケ麺★福袋」

点心らんまん「イケ麺★福袋」

 

那覇のカワグチさん「ペンタポン」

那覇のカワグチさん「ペンタポン」