米国人が毎朝のように朝食としてトーストをかじる理由は、調理が簡単だから、なのだそうです。パンをトースターに入れてレバーを押し下げれば、3分後には焼きたてトーストが自動的にポップアップしてくる。これは確かに簡単ですね。トーストはめんどくさがりなアメリカ人にはぴったりの朝食メニューといえるでしょう。

その朝食のトーストに付きものなのが、ハムエッグやベーコンエッグといった玉子料理。アメリカ人は、ついにこの玉子料理も自動で作ってしまう調理器具「Rollie Eggmaster」を発明してしまいました。
 
「Rollie Eggmaster」に玉子を割り入れ
「Rollie Eggmaster」に玉子を割り入れ
 
数分待てば、焼き上がった玉子焼きが自動的にせり上がってきます
数分待てば、焼き上がった玉子焼きが自動的にせり上がってきます
 
「Rollie Eggmaster」は、玉子用の「トースター」。Rollie に玉子を割り入れ、数分待てば棒状の玉子焼きが調理され、自動的にポップアップしてくる仕組みになっています。調理には油を使用しないので、ヘルシーな玉子料理が楽しめるだけでなく、後片付けが楽というメリットも。まさに、めんどくさがりなアメリカ人にうってつけの調理器具といえるでしょう。
 
Rollie では、「垂直調理技術(vertical cooking technology)」が活用されているのだそう。この技術が具体的にどのようなものかはいまひとつよくわからないのですが、活用することで玉子焼き以外にも、ベーコンエッグやブリトーといったメニューを調理可能なのだそうです。
 
Rollie を利用して調理したベーコンエッグ
Rollie を利用して調理したベーコンエッグ
 
Rollie を利用して調理したブリトー
Rollie を利用して調理したブリトー
 
残念なのは、Rollie 自体のデザインがいま1つである点と、Rollie で調理した玉子焼きの形もいま1つであるという点でしょう。Rollie で作った玉子料理の形は、どう見ても竹輪です。竹輪自体は魅力的な食べ物ですが、これが玉子焼きとなると、ちょっと…という気がします。もっと食欲をそそる形状の玉子焼きがつくれるかどうか?これが、Rollie の今後の課題かもしれません。
 
Rollie で作った玉子焼き  どうみても竹輪です
Rollie で作った玉子焼き
どうみても竹輪です
 
Rollie の価格は29.99ドルです。
 

「Rollie Eggmaster」公式 CM 動画