これは夏ミカンでしょうか、八朔(はっさく)でしょうか、いやいや、レモンのできそこないでしょうか。などと悪口が聞こえてきそうですが、由緒正しい、「川畑みかん」というものでございます。

 

由緒正しい、「川畑みかん」

由緒正しい、「川畑みかん」

 

戦前まで、南九州の農家の軒先で普通に、ありふれて栽培されていたものですが、最近ではほとんど見かけなくなりました。もちろん果物屋やスーパーの店先にも並んだことはありません(多分)。果物の憧れの舞台である「千疋屋」にも、一度でいいからデビューしたいと思っていたのですが、それも果たさないまま、絶滅しつつあるという、珍しいみかんです。

お味はどうでしょうか。

皮は少し硬いので、ナイフで切れ目を入れて剥いて食べます。皮が黄色いので酸っぱいのではないか、と思われるのですが、甘くもなく、酸っぱくもなく、どちらかというと、あの高級柑橘類の「日向夏」に似た、さっぱりした味わいです。

 

「日向夏」に似た、さっぱりした味わい

「日向夏」に似た、さっぱりした味わい

 

食後にデザートとしていただくと、口に残った油や肉の重たい感じを消してくれそうです。

みなさまも、幸運にも「川畑みかん」を食す機会がありましたら、躊躇せず、お召し上がりください。