ご当地やきとりを食べ比べできる日本初の“テイスティング”パーク「全や連総本店 東京」が、3月22日、大手町にオープンする。構想から8年、“やきとりの街”を宣言する全国7都市から店舗が集結。“食べ比べ”をテーマに、各店自慢のやきとりや「ご当地食べ比べセット」、各地の郷土料理、地酒などを販売する。

今回出店するのは、北海道美唄(びばい)市「やき鳥 たつみ」、北海道室蘭市「やきとりの一平 本店」、福島県福島市「鶏料理 鳥安」、埼玉県東松山市「やきとり ひびき」、愛媛県今治市「焼鳥 まる屋」、山口県長門市「焼とりや ちくぜん」、福岡県久留米市「焼とり 鉄砲」の、計7店。埼玉県の「やきとり ひびき」以外は、今回が東京初出店。

看板メニューは「ご当地食べ比べセット(7串)」。全店のやきとりを1串ずつ食べることができる。「やきとり」と言っても、使用する肉は鳥だけではなく、串に刺すものだけでもないそう。豚肉と玉ねぎを交互に刺してタレで焼き洋からしで食べる「室蘭やきとり」や、長門ではほぼ全てのお店に置いてあるというガーリックパウダーをかけて食べる「長門やきとり」など、各地こだわりの食材と食べ方でいただく「やきとり」が楽しめる。
 

その日の仕入れ状況で内容が変わる「ご当地食べ比べセット」

その日の仕入れ状況で内容が変わる「ご当地食べ比べセット」

“ねぎま”風だが、玉ねぎを挟むのが北海道流

“ねぎま”風だが、玉ねぎを挟むのが北海道流



また、美唄の「石炭やきそば」など各地のご当地料理やオリジナルのおつまみ、地酒の飲み比べセットなども販売するほか、各店ごとのオリジナルやきとりの盛り合わせや、本店のグランドメニューの一部なども提供する。主要食材や各地の秘伝のタレは、各本店から取り寄せて本店の味を再現するという徹底ぶり。独自開発した炭火焼の回転グリル器を採用し、焼き方にもこだわっている。“食べ比べ”だけでなく、各店のファンも楽しむことができそうだ。


“焼け炭”で黒くした「石炭やきそば」。ちゃんとソース味

“焼け炭”で黒くした「石炭やきそば」。ちゃんとソース味

日替わりで3種の日本酒飲み比べができるほか、ご当地のお酒各種も充実

日替わりで3種の日本酒飲み比べができるほか、ご当地のお酒各種も充実

 


店内はモダンな作りで、ゆっくりできる「テーブルオーダー式」と立食スタイルの「スタンディングパブ」の2種類の座席、合計で229席を用意。また、各地方ごとのメニューに精通した「ご当地やきとリアン」に尋ねると、各“ご当地”の文化や流儀なども教えてもらえる。

 

まごころこめた、おもてなし

まごころこめた、おもてなし

周囲にある各店こだわりののれんをくぐると、

周囲にある各店こだわりののれんをくぐると、

オシャレな半個室空間が

オシャレな半個室空間が

 

各線大手町駅直結の東京サンケイビル B2 階。営業時間は、平日は17:00~23:00、土日祝は12:00~22:00。3月22日17:00オープン。オープン前には、今治の「バリィさん」など各地のゆるキャラと記念撮影ができるイベントも予定されている。

 

色々な味を一箇所で楽しめるのが魅力

色々な味を一箇所で楽しめるのが魅力