英国ロンドンに男性用公衆トイレを改装して作ったサンドイッチバー「The Attendant」がオープンしました。米国メディア Daily News などが伝えています。

男性用トイレを改装して作ったサンドイッチバー「The Attendant」  小便器上にテーブルが設置されています
男性用トイレを改装して作ったサンドイッチバー「The Attendant」
小便器上にテーブルが設置されています
 
「The Attendant」は、以前は公衆トイレだった場所をクリーニングし、改装して作られたサンドイッチバー。古き良きものは可能な限り保存する英国の伝統にのっとり、改装後もトイレ内の歴史的建造物や遺産はしっかりと保存されています。
 
保存された歴史的遺産には、英国の老舗陶磁器メーカー「ロイヤルドルトン(Royal Doulton)」によって19世紀に製造された「男性用小便器」も、もちろん含まれています。同サンドイッチバーのテーブルトップは、この歴史的遺産を活かして、便器上に設置されているのです。便器の前に並べられたスツールに腰掛け、サンドイッチを食べながら、200年前にこの場所で用を足したであろう英国紳士達の気持ちに思いを馳せる、なんてのも乙かもしれません。
 
改装作業中の「The Attendant」(出典:BBC)  左手側がキッチン、右手側がテーブルです
改装作業中の「The Attendant」(出典:BBC)
左手側がキッチン、右手側がテーブルです
 
The Attendant は2月18日にオープンしたばかり。ミシュランで星を獲得したレストラン「Pollen Street Social」の前シェフが提供するグルメサンドイッチ、サラダ、コーヒー、ケーキを楽しめます。
 
The Attendant の入り口周辺  外観はロンドン市内によくある公衆トイレそのままだ
The Attendant の入り口周辺
外観はロンドン市内によくある公衆トイレそのままだ