日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本 KFC)は、うすごろも揚げ「パリパリ旨塩(うましお)チキン」と、新商品「旨塩(うましお)からあげ」を3月28日に発売する。価格は、「パリパリ旨塩チキン」が260円(1ピース)、「旨塩からあげ」180円(3ピース)。

 

新メニュー「旨塩からあげ」

新メニュー「旨塩からあげ」

 

「パリパリ旨塩チキン」は、パリッとした衣の食感と、鳴門の焼塩と胡椒でさっぱりまろやかに仕上げた味わいが楽しめる商品。胡椒の風味を楽しめる「あとがけ香り胡椒」を2ピースに1袋提供する。一方、今回新たに登場する「旨塩からあげ」は、KFC 初のからあげメニュー。ひとくちサイズの骨なしモモ肉を「パリパリ旨塩チキン」と同じ味つけで仕上げた、食べやすいスナックタイプのチキンとなっており、3ピース単位での販売となる。

 

「パリパリ旨塩チキン」

「パリパリ旨塩チキン」

 

また、昨年初登場し好評だったサンドメニュー「ゴーダチーズの海老カツサンド」も、同日から春季限定で販売。単品価格は380円。

 

「ゴーダチーズの海老カツサンド」

「ゴーダチーズの海老カツサンド」

 

今年は、プリプリとした食感の海老をさらに増量。海老に、鶏モモ肉のミンチ、たまねぎをまぜあわせて、サクサクに揚げたカツ、濃厚でまろやかな旨みのスライスしたゴーダチーズ、新鮮なキャベツをていねいに重ね、さらに魚介の風味を効かせた辛味オーロラソースと特製マヨソースを合わせ、香り豊かな全粒粉バンズではさんだメニューだ。

いずれの商品も、全国の KFC 店舗で販売(一部店舗を除く)。