創業165年を迎えるオーストラリアのワインブランド『ジェイコブス・クリーク』は、“和食がもっと美味しくなるワイン”をコンセプトに、120年以上続く老舗『銀座 寿司幸本店』と共同開発した「ジェイコブス・クリーク わ」を、3月1日に日本先行発売した。750ml で、アルコール度数は13度。価格は1,680円。

 

ラベルにも「わ」!

ラベルにも「わ」!

 

「ジェイコブス・クリーク わ」は、銀座 寿司幸本店の4代目 杉山衛さんがワインの味の設計、監修を行い、ジェイコブス・クリークのワインメーカーがその味を再現しながら、アレンジを加えたワイン。味の設計において、特に“魚”と“醤油”との相性を追求し、和食の美味しさを最大限に引き出すように、ほどよく辛口な味わいに仕上げている。

商品名「わ」は、ワイン、和、和食、人、出会い、和気あいあいのそれぞれの「わ」を表し、日本の食文化と、ワインがある生活の喜びをイメージして名付けたとのこと。