スターバックス コーヒー ジャパンは、島根県で初めての店舗となる「スターバックス コーヒー シャミネ松江店」を、3月27日にオープンする。これにより、鳥取県を除く全国46都道府県にスターバックスの店舗を出店したことになる。

今回オープンするのは、JR 松江駅に直結するショッピングセンター「シャミネ松江」に位置する店舗。45席を設けた店内には、スターバックス発祥の地である米国シアトル北部の美しい湖『グリーンレイク』に集う人々の様子をモチーフにした壁画を設置。湖を題材にしたアートを通じて、国内有数の景勝地として知られる『宍道湖』を有する島根県とのつながりを表現するとともに、地域コミュニティとの結びつきを大切にしていきたいとの願いをこめているそうだ。

またスターバックスでは、島根県第1号店のオープンを記念し、数量限定の記念タンブラー「島根13タンブラー12oz/350ml」(1,400円)とマグカップ「島根13マグ/400ml」(1,200円)を、「シャミネ松江店」限定でオープン当日から販売する。

 

限定販売の「島根13タンブラー12oz」と「島根13マグ」

限定販売の「島根13タンブラー12oz」と「島根13マグ」

 

オレンジ色の柔らかな光が重なり合う『宍道湖』の美しい夕景のような色合いをベースに、伝統工芸の組子細工や石見焼き、出雲石灯ろう、隠岐の牛突きなどの島根県の文化工芸をモチーフにした13のアイコンをあしらい、郷愁感や心安らぐ温かな雰囲気を表現したデザインとなっている。