モスバーガーは、朝食メニュー「おはよう朝モス」を、ホットサンド・朝麺・朝御膳などハンバーガーではない商品を中心とした11メニューに刷新する。新メニューは、2月26日から直営20店舗で、同28日から販売子会社経営の29店舗で実験販売を開始する。

「おはよう朝モス」の新商品は、モスのホットサンド 全5種(パストラミビーフ、ツナレタス、エッグソーセージ、チーズソーセージ、焼きそば/単品価格:各190円)、モスの朝麺 温麺(うーめん)全3種(生姜と醤油糀スープ、プゴクスープ、かき玉コーンスープ/同:各320円)、モスの朝ライスバーガー 朝御膳(同:380円)の全9品で、いずれも単品・ドリンクセットの両方で提供。朝食メニューとして、同チェーンらしい“独自性”と、朝時間帯にふさわしい“手軽さ”をテーマとして商品を開発したそうだ。

 

ライスバーガー 朝御膳(左)、  モスの朝麺 温麺 生姜と醤油糀スープ(右)

ライスバーガー 朝御膳(左)、
モスの朝麺 温麺 生姜と醤油糀スープ(右)

 

また、サラダ・ソーセージ・卵焼き・トーストした食パンとドリンクをセットにした既存メニュー「モーニングプレート ドリンクセット」(440円)をリニューアル。オムレツを甘辛い味付けの鶏そぼろを入れダシを効かせた卵焼きにし、フレンチフライポテトをなくし、サラダを増量したそうだ。なお既存メニュー「トースト」(単品価格:170円)はこれまで通り販売する。

 

モーニングプレート ドリンクセット(リニューアル商品)

モーニングプレート ドリンクセット(リニューアル商品)

 

今回登場するメニューは、「おはよう朝モス」として、オープンから午前11時まで(午前10時までは「おはよう朝モス」商品のみ販売)の時間限定で販売予定。