江崎グリコが創立50周年記念事業の一環として設立した江崎記念館(大阪・西淀川)が、開館40周年を迎えた。これを記念して、普段収蔵倉庫に眠っている収蔵品の中から“グリコスピリット”を伝える収蔵品を期間限定で展示する企画を実施する。

その第1回目として、2月25日から3月29日までの期間、特別展示「大人の『思い出』をミニチュア化『タイムスリップグリコ<なつかしの 20世紀>』」 を開催。

この特別展では、2001年に発売された商品「タイムスリップグリコ<なつかしの20世紀>」の商品開発についてのエピソード、商品企画書などの資料、ミニチュアおもちゃの「原型」(レジン複製の彩色見本)55点などを展示するそうだ。

 

「タイムスリップグリコ<なつかしの20世紀>」

「タイムスリップグリコ<なつかしの20世紀>」

 

ちなみに「タイムスリップグリコ<なつかしの20世紀>」は、子供の頃「グリコ」のおもちゃに心をときめかせた大人たちに向けて、過ぎ去った20世紀のなつかしい乗り物や電化製品、アニメキャラクターを精巧に再現した“ミニチュアおもちゃ”をつけて販売した商品だ。

同館の開館日は月曜日から金曜日(祝日は休館)。見学開始時間は、13時30分、14時30分、15時30分。また同企画実施期間の2月25日から3月8日のみ、水曜日と金曜日に16時30分、17時30分の回が追加される。なお見学・入館希望者は、前日までに電話予約(06-6477-8257)が必要