ドイツミュンヘン在住の Christoph Meyl 氏は、電子レンジでエスプレッソを抽出できる手のひらサイズのエスプレッソメーカー「Piamo」を開発しています。現在、資金調達サイト Startnext で出資者を募集中。

 
手のひらサイズのエスプレッソメーカー「Piamo」
手のひらサイズのエスプレッソメーカー「Piamo」
 
Piamo は、電子レンジで1人分のエスプレッソを抽出できるエスプレッソメーカー。手のひらサイズの小型デバイスで、挽いたコーヒー豆を入れる「Filter」部と、水を入れる「Water Chamber」部から構成されています。
 
 
Piamo に水と挽いたコーヒー豆をセットして、カップの上に置き、電子レンジで加熱。すると、水が沸騰して水蒸気が発生します。この水蒸気の高い圧力を利用して、エスプレッソを抽出する仕組みとなっています。
 
 
Meyl 氏によれば、Piamo を利用すればわずか30秒で淹れたてのエスプレッソが飲めるそう。また、使用後は食器洗浄機で洗えるので、手入れも従来のエスプレッソメーカーに比べてはるかに簡単です。
 
様々なカラーバリエーションも用意されるという Piamo。資金調達に成功して製品化を実現して欲しいものです。