2月といえばそう、バレンタイン。デパートのお菓子売り場はいつにも増して女性でごった返し、本命チョコや義理チョコの選定に皆さん余念がありません。

そんななか、「西荻窪のパイナップルラーメン屋さん『パパパパパイン』で、バレンタイン限定のチョコレート油そば『カカカカカカオ』を販売している」との情報が編集部にもたらされました。…えっと、あの、ツッコミどころがありすぎてちょっと戸惑っています。

ともかく、気になったら確かめてみるのがえん食べ編集部。早速行って味わってみることにしました!

これがウワサの…?

これがウワサの…?


■西荻窪に到着!

中央線でぶらり、西荻窪に到着。線路沿いを進むと、なんだか不思議なちょうちんが見えてきて…ありました! パイナップルラーメン屋さんの「パパパパパイン」です!

すごく黄色です…

すごく黄色です…


券売機は店外に設置されており、ラインナップには看板商品である「パイナップル塩ラーメン」のほか、辛ラーメン、醤油ラーメンやつけめんなども。「いっぱいん」というのもあり、これはトッピング全部のせラーメンのこと。このネーミングセンス、素敵です!

いっぱいん、気になる

いっぱいん、気になる


チョコレート油そばは期間限定商品のため、限定ラーメンの食券を購入すればいいようです。オススメと書いてあったパイナップルの味がほんのりするという味付き卵も気になったので一緒に購入し、いざ店内へ。

カカカカカカカカカカカカ…

カカカカカカカカカカカカ…


■店内には沖縄ムードが漂っています

店内はカウンターのみで、座席は5、6席ほど。いたるところにパイナップルモチーフが飾られており、ここは沖縄…? という気持ちにちょっとだけなれます。カラーリングももちろん緑と黄色。徹底されております。

ほとんど緑と黄色です

ほとんど緑と黄色です

椅子がかわいい

椅子がかわいい


食券を渡し、ご店主がラーメンを作る様子を眺めて待ちます。制服のアロハシャツもパイナップル柄です。ご店主がおもむろに小鍋に割り入れたのは板チョコ。…板チョコ!? 器にタレと麺を入れてかき混ぜ、上にトッピングを乗せたら、チョコレート油そば「カカカカカカオ」の完成です!

板チョコを入れてる…ようです…が…

板チョコを入れてる…ようです…が…


■チョコレート入りの油そば「カカカカカカオ」の登場です

じゃーん! これが「カカカカカカオ」!「 カ」って打ちすぎてゲシュタルト崩壊を起こしかけました。具は肉厚なチャーシューにかいわれ大根、海苔、カシューナッツ、生のたまねぎ、メンマと、トッピングで頼んだ味付き卵。これだけ見れば、チョコレート要素は一つも見られないのに、丼から立ち上るカカオの甘い香りがただの油そばじゃないことをばしばしと主張してきますよ。

じゃーん!…って、ん?茶色くないぞ?

じゃーん!…って、ん?茶色くないぞ?


よく混ぜてお召し上がりください、とのことだったので、下からよいしょ! とひっくり返してみます。と、チョコレートダレのからんだ麺が登場!さっきまで普通の油そばだったカカカカカカオは、一気にチョコレート油そばへとその姿を変えました!

出た~!醤油系の茶色なんかじゃなく、正真正銘チョコレート色なんです!

出た~!醤油系の茶色なんかじゃなく、正真正銘チョコレート色なんです!

何はともあれ、いただいてみることに。豪快に太麺をもぎゅもぎゅと食べてみると…おわあ…これは確かにチョコレート! 味と匂いはいつも食べてるチョコレートそのものです。でも、ラーメンでもあります。これは何?頭の中に「?」マークを浮かべながら食べ進めていきます。

もちもちした太麺です

もちもちした太麺です

タレには魚介系のダシが効いており、それがチョコレートとあわさってなんとも不思議な感じ。でも予想以上に麺とマッチしていて、その意外性でついつい箸が進んでしまうのです。なんだろうこれ、なんだろうこれ…と思っているうちに、丼の中身は減っていきました。

具の生の玉ねぎやカシューナッツは食感にアクセントを出してくれます。特に生の玉ねぎは、ピリッとした辛さがいいスパイスになって、もったりとした油そばに渇を入れてくれる感じです。ナイスチョイスとしか言いようがありません。

トッピングで頼んだ味付き玉子には、パイナップルの甘い香りと酸味が感じられます。これ、かなりおいしいです。

ナイスな半熟具合の黄身に、ほんのりパインの甘酸っぱさがマッチします

ナイスな半熟具合の黄身に、ほんのりパインの甘酸っぱさがマッチします

店主さんによれば、こちらの油そば、ベースは煮干しだそう。煮干しの苦味とチョコレートの苦味がマッチした上で、チョコレートの甘さが加わって意外なおいしさが誕生したそうです。青唐辛子入りのラー油を入れて食べるのもオススメ。爽やか~な辛味が合うんですよ!

■バレンタイン企画第2段は“チョコレート坦々麺”―2月12日頃発売予定!

このチョコレート油そばは、材料が無くなるまでの限定販売。「ええ~食べたかったのに!」とお嘆きのアナタ、大丈夫です。このあとも、バレンタイン企画第2弾「チョコレート坦々麺」なるものを考えているそうです。ちなみに、名前も同じく「カカカカカカオ」。バレンタイン前後から100杯程度限定での販売となるそうですが、正確な発売日の情報などはお店の Twitter でチェックしてみてくださいね! とのことでございます。

チョコを使ったメニューというだけでも十分強いインパクトがあるのに、このネーミング! ちょっと変化球な彼氏とのバレンタインディナーにいかがでしょうか。


■ところで、「パイナップル塩ラーメン」

チョコレート油そばで既に満腹の筆者。しかし、どうしても気になって仕方ないのが、このお店の看板メニューである「パイナップル塩ラーメン」。だってここ、パパパパパインですよ? ここまで来てパイナップルラーメンを食べずに帰れましょうか?  …と言うわけで、注文してみました!(流石に自身の胃と腸と体重のことを考え、少なめに…とお願いしたので、写真は小盛サイズですよ!)

唐辛子の赤、ほうれん草の緑、ネギの白にパインの黄色が鮮やかです

唐辛子の赤、ほうれん草の緑、ネギの白にパインの黄色が鮮やかです

きれいに澄んだ塩のスープに浮かべられたネギと糸唐辛子、ほうれん草が目を引きます。そして中央にはどどん! とパイナップルさんが。スープから立ち上る香りも、心なしかちょっと甘酸っぱい感じ。

■パイナップル塩ラーメンは…美味しい!

まずはスープを一口いただくと、えっ何これ、美味しい!! 予想を裏切る美味しさにしばしびっくりする筆者。パイナップルの甘酸っぱさと上品な塩スープがものすごくマッチしています。

しっかりパイナポーも入っております

しっかりパイナポーも入っております

麺は細麺で、塩ラーメンによく合っています。チョコレート油そばを食べて胃もたれ気味だったのに、するするっと食べられてしまうさっぱり感。これ、男性にはちょっと物足りないかもしれないけれど、女性はかなり好きだろうな~という感じ。またこのネギが甘酸っぱいさっぱりスープに合うんですよ…。挽きたてのコショウもいいアクセントです。

細麺バンザイ!

細麺バンザイ!

チャーシューは油そばと同じものなのですが、こちらはパイナップルの甘みがほのかに感じられる柔らか~いお肉を堪能できました。パイナップルには肉を柔らかくする酵素が含まれていると聞きますが、その効果なのでしょうか?

柔らかくて分厚いチャーシューは激ウマです

柔らかくて分厚いチャーシューは激ウマです

最初はどんなラーメンなのかと戦々恐々としていましたが、パイナップル塩ラーメン、予想を裏切る完成度に脱帽でございました。すみませんでしたとラーメンに謝りたい気持ちでいっぱいになります。ごめんね、パイナップルラーメン。そしてご店主、ご馳走様でした!

■ところで、店名の由来は?

気になりすぎるこちらのお店の店名。ご店主がパイナップル好きか、または沖縄出身かの、どちらかだと思いますよね? でも、そうではないようです。「特別パイナップルが好きって訳でも、沖縄出身って訳でもありません…」という衝撃の答えが。えっ!

ラーメン屋をはじめる以上、何か他の店にはない個性を、と考えていたところ、パイナップルをラーメンにすることを思いついたとのこと。酢豚のパインのような感じで合うのでは? と考えたそうです。パパパパパインの店名の由来は聞けませんでしたが、これ、パパパパパフィーから来てるのかな…どうなのかな…。

トトトトトイレの張り紙もあります

トトトトトイレの張り紙もあります

 

■杉並区でもっとも面白い食べ物に認定!

さて、えん食べはこの「パイナップル塩ラーメン」を「杉並区でもっとも面白い食べ物」と(勝手に)認定します。だってさ。ラーメンにパイナップルが入ってるんですよ。これ以上はないでしょ?でしょ?

でも、杉並区在住の方で「もっと面白い食べ物を知ってるよ!」という方、是非我々に教えてください。えん食べ編集部が食べに参ります!