コーヒー豆をお酒に漬け込んでつくった「珈琲酒(コーヒーチュウ)」が、キリンビールのグループ会社 永昌源から3月27日に発売される。500ml のボトル入りで、主に業務用向け商品として展開予定。

この商品は、焙煎したコーヒー豆を粉砕してからお酒に漬け込むことで、コーヒー豆の持つ味わい抽出し、“芳醇な香りと甘くほろ苦い味わい”に仕上げているという。アルコール分は17%

飲み方は「珈琲酒」の最大の特長である香りを楽しめる“ロック”のほか、まろやかな口当たりの“ミルク割り”や、爽やかな味わいの“トニック割り”でも楽しめるとのこと。

希望小売価格は800円。

 

珈琲酒(コーヒーチュウ)

珈琲酒(コーヒーチュウ)