日本全国47都道府県、それぞれの地域には歴史や伝統があります。お祭りや郷土料理もそんな歴史の一つ。日本って奥が深い。そんな全国の祭・グルメが一堂に会したイベント「ふるさと祭り東京2013」が1月12日から20日まで、東京ドームにて開催されます。

ご当地どんぶり選手権優勝候補、新潟「鯛茶漬け」

ご当地どんぶり選手権優勝候補、新潟「鯛茶漬け」


ふるさと祭り東京2013では、伝統ある全国の祭りとご当地グルメが集結。その地でしか見られない歴史あるお祭りや、その場でしか食べられない地域から愛される味覚が一度に体感できるそう。

お祭りひろばとステージでは、会期中様々なお祭りが再現されます。高知のよさこい祭り、沖縄全島エイサー祭りなどのおなじみのお祭りから、「たちねぷた」と呼ばれる巨大な山車が沿道を練り歩く青森県・五所川原市の「立佞武多祭」、ダイナミックなパフォーマンスが有名な「秋田竿燈まつり」など迫力満点のお祭りなど、バラエティー豊か。今回は立佞武多祭より、高さ23メートル、重さ19トンという 史上最大の山車「鹿嶋大明神と地震鯰」が出陣するとのことです!

ど迫力のたちねぷた

ど迫力のたちねぷた


また、北は北海道、南は九州まで全国各地の故郷の味、B級グルメ、牡蠣やうになどの海の幸、甘味やブランド牛など山の幸も集結しています。100を超えるご当地グルメのラインナップは、北海道「いかめし」や岩手「盛岡冷麺」などのメジャーなものから、富山「ブラックラーメン」や和歌山「トマト梅」、新潟「佐渡のブリカツ丼」などの新星など、個性豊か。

「浜大漁焼き」

「浜大漁焼き」

 

「横手焼きそば」

「横手焼きそば」

 

「ブラックラーメン」

「ブラックラーメン」

 

会場では特別企画として、全15のご当地どんぶりから頂点を決める「全国ご当地どんぶり選手権」や朝市のようにご飯の上にのせるおかずをお好みで買うことができる「絶品!逸品!ちょいのせ市場」、各地のゆるキャラと人気スイーツ店がコラボした「ご当地スイーツストリート」なども開催しているとのこと。

ちょいのせ市場で選べる「いぶりがっことジュンサイの餃子」  どんな味なのでしょう?

ちょいのせ市場で選べる「いぶりがっことジュンサイの餃子」
どんな味なのでしょう?

 

こちらもちょいのせ市場で選べる「たらばがに脚肉」…おいしそう。

こちらもちょいのせ市場で選べる「たらばがに脚肉」…おいしそう。

 

バリィさんのパン。さすがゆるキャラキングの風格。

バリィさんのパン。さすがゆるキャラキングの風格。

ご当地どんぶりには新潟「鯛茶漬け」や富山「白エビかき揚丼」、山形「米沢牛ステーキ丼」などがノミネート。1杯500円のハーフサイズなので、あれこれ食べて回れそうですね!

ご当地どんぶり選手権で前回優勝の「うにめし丼」  今回も食べられます。

ご当地どんぶり選手権で前回優勝の「うにめし丼」
今回も食べられます。

 

「白エビかき揚丼」  エビがきれいですね…

「白エビかき揚丼」
エビがきれいですね…

当日入場券は1,500円。平日限定チケット(1,200円)や、16時以降の入場に使用可能なイブニング券(1,000円)、お祭り広場を見やすい位置で座って観覧できる特別観覧席付き前売り入場券(2,000円)など、各種チケットが発売中です。

はあー、どれもこれも美味しそうで公式 Web サイトを見ると目移りしてしまいます。美味しいものを食べて、迫力あるお祭りを見て、日本っていいなあという気分に浸れそうなイベントです。