以前えん食べでは、世界一高価なコーヒーとしてゾウの糞から採取したコーヒーの実を使う「Black Ivory Coffee」を紹介しました。でも、このコーヒーは、もう世界一ではなくなってしまったようです。

英国の名門百貨店ハロッズは、「Terra Nera」を販売しています。価格はグレードや量によって異なりますが、最も安いもので140英ポンド(およそ1万9,000円)。最も高いものでは6,800英ポンド(およそ92万8,000円)となっています。
 
 
Black Ivory Coffee ではゾウの糞から採取されたコーヒーの実が使用されていました。Terra Nera では、ハクビシンの糞から採取されたコーヒーの実が使用されています。ハクビシンにコーヒーの実を食べさせることで、消化酵素によってコーヒーの苦味が消え、味がまろやかになるそうです。
 
ハクビシンによって消化され、排泄されたコーヒーの実は手摘みで糞から取り出され、洗浄・乾燥などの処理を経て製品として出荷されます。Terra Nera では、このように手のかかるプロセスが要求されるため、製品として出荷できるコーヒー豆の量は年間わずか45kg に限られるそう。このため、高価な商品になるということです。
 
Terra Nera には全部で6つのグレードがあり、最高品質のグレード0は、スターリングシルバーの袋に詰められ24金のプレート付きで販売されます。このパッケージは、銀細工師として有名な Rebecca H. Joselyn 氏の手によるものということです。