全国45種類以上の“ご当地うどん”を展示・販売するという「うどんミュージアム【博物館】」が12月22日11時にオープンします。場所は京都・祇園。

 

うどんミュージアムには、全国45種類以上の文化と伝統あるうどんの麺、歴史、食べ方、具材、出汁などを展示する博物館に加え、さまざまなご当地ミニうどんが食べられる飲食店スペース、100種類以上のお土産うどん(乾麺)を揃えた売店スペースがあるとのこと。

 

さまざまなご当地うどんが食べられます

さまざまなご当地うどんが食べられます

 

ミュージアム開設の目的は、地域のうどん文化を通した地方の活性化や、海外への「うどん」の発信など、うどん文化・伝統を継承することだそうです。

 

一口に「うどん」と言ってもかなり奥が深く、各地域にかたちや味が違うそうです。ご当地うどんの食べ比べ、というのも楽しそうですね。