せんべいでできた世界一割れやすい iPhone ケース「サバイバルせんべい iPhone 5 専用ケース SV3818」 は、発売と同時に日本国内で話題になりました。その後、この商品は通販サイト Japan Trend Shop を通じて海外からも購入可能となり、様々な海外メディアや海外 Blog サイトで話題となっています。

「サバイバルせんべい iPhone 5 専用ケース SV3818」海外向け販売サイト  "Mariko" の文字が際立っています!

「サバイバルせんべい iPhone 5 専用ケース SV3818」海外向け販売サイト
"Mariko" の文字が際立っています!

 

米国メディア Foodbeast は、その値段の高さに驚いています。

「『Survival Senbai Rice Cracker iPhone 5 Case』は、その名の通り、せんべいでできた iPhone ケースだ。分割4回払いの場合、1回あたりわずか20.25 ドルで、この美しい、しかもおいしいケースがあなたのものになる!
 
…4回払いというのは冗談だ。だが、この iPhone 5 ケースが81ドルもするというのは本当だ。送料として15ドルが別途必要となる」
 
海外から購入する場合、その価格は送料込みで96ドル!
海外から購入する場合、その価格は送料込みで96ドル!
 
この商品、日本での販売価格は3,818円。でも、海外から購入する場合は送料込みで96ドルにもなるのです。この値段の高さが、話題になった理由の1つ。
 
それだけではありません。この高価な iPhone ケースは、すでにソールドアウト。これが新たな話題となっています。
 
米国メディア Mashable は12月6日付けの記事で、同商品がソールドアウトとなっていることを伝えています。
 
「次回の Apple 製品の発表まで使い続けられるとは思えない iPhone ケースを、80ドルで買おうとしていた人たちに悲しいお知らせがある。『マリコ』によって作られ、Japan Trend Shop で販売されていたケースは、すでにソールドアウトだ」
 
 「SV3818」 のニュースを伝える Mashable の Adam Falk 氏
「SV3818」 のニュースを伝える Mashable の Adam Falk 氏
 
販売サイトでは「Sold Out」の文字が確認できる
販売サイトでは「Sold Out」の文字が確認できる
 
さて、この商品に対する米国人の反応はどのようなものでしょうか?
 
iPhone ケースとしては値段が高すぎるという意見はかなり多く見られます。また、非常時の食料としてみたとき、衛生面が不安だというコメントも多く投稿されています。米国人、意外と真面目ですね。
 
一方で、次のような肯定的なコメントも書き込まれています。
 
「(この商品は)災害時などには便利だろう。食料の無い場所に閉じ込められたとき、ポケットに iPhone が入っていればそれを頼りにできる。私は、このマーケティングが気に入った。ほかでは見たことがないものだし、売り切れたことにも納得できる」
 
ところでこの iPhone ケース、海外に発送しても割れたりしないのでしょうか?販売サイト Japan Trend Shop には、次の注意書きがあります。
 
「この商品はとてもデリケートなものなので、発送処理中、または配送中に壊れてしまうことがあります。Japan Trend Shop は、この iPhone ケースの破損については、責任を負うことができません」
 
そりゃ、そうですよね。国内発送でも破損することがあるのだから、海外に送れば壊れる確率はさらに高まるでしょう。それでもソールドアウト!海外にも、面白グッズ好きはたくさんいるようです。